MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

ブナ材クレオソート Beechwood creosote によるハーブ療法

leave a comment »

過去には、らい病、肺炎、結核の民間療法(飲、食)として使用されたこともあるそうです。日本では今なお、消毒薬や去痰薬として知られており、止瀉 (止痢)剤として利用されることもあるようですが、USAではドクターが使用することはまれで、商品として販売されてもいません。
木クレオソート wood creosote は (1) 低木の葉の樹脂 "クレオソート・ブッシュ" creosote bush と (2) "ブナ材クレオソート" beechwood creosote に分類されます。
beechwood creosote の主成分は フェノール phenol, クレソール cresols, グアイヤコール guaiacol です (ATSDR ホームページから表などを引用しました)。木クレオソートは、発癌性物質であるコールタール クレオソート coal tar creosote とは化学的に異なり、混同しないようにすべきです。

Wood creosote (CAS no. 8021-39-4) is a mixture of simple phenolic compounds, including guaiacol and creosol and related compounds, and is chemically distinct from, and should not be confused with, coal tar creosote, a known carcinogen.

Res Comm Chem Pathol Pharmacol 1989 66(3):411-423.
Analysis of beechwood creosote by gas chromatography-mass spectrometry and high-performance liquid chromatography.
Ogata N, Baba T.

Table 4-4. Identity of Major Components of Wood Creosote

Compound   Relative peak area,(percent total peak area)
phenol 14.45
methylhydroxycyclopentenone 0.23
o-cresol 3.22
dimethylhydroxycyclopentenone 0.50
p-cresol 13.60
guaiacol 23.76
2,6-xylenol 1.04
3,4-xylenol 0.70
6-methylguaiacol 0.31
3,5-xylenol 2.94
2,4-xylenol 2.80
2,5-xylenol 0.68
unknown 1.31
2,3-xylenol 0.70
3-methylguaiacol 1.85
5-methylguaiacol 1.29
4-methylguaiacol 19.01
2,4,6-trimethylphenol 0.40
2,3,6-trimethylphenol 0.48
4-ethylguaiacol 6.36
4-ethyl-5-methylguaiacol 0.21
4-propylguaiacol 0.45

As identified by gas chromatography/mass spectrometry (Ogata and Baba 1989); composition of wood creosotes may vary from source to source.

ATSDR ホームページ
「Agency for Toxic Substances and Disease Registry」
Toxicological Profile for Creosote
  » http://www.atsdr.cdc.gov/tfacts85.html

Toxicological Profile Contents
  » http://www.atsdr.cdc.gov/toxprofiles/tp85.html
[TOXICOLOGICAL PROFILE FOR WOOD CREOSOTE, COAL TAR CREOSOTE, COAL TAR, COAL TAR PITCH, AND COAL TAR PITCH VOLATILES]
PDFファイル 2.2MB
  » http://www.atsdr.cdc.gov/toxprofiles/tp85.pdf

上記資料には、国内メーカー Taiko Pharmaceutical Co., Ltd., Suita, Osaka 564-0032, Japan 等の最新論文 (一部論文を引用)は含まれていないようです。Beechwood creosote (ATSDR 分類上) の薬理学、臨床試験に関するデータ提供が現在も続いています。

Life Sci. 2006 Apr 24;
Stress-induced breakdown of intestinal barrier function in the rat: Reversal by wood creosote.
Kuge T, Greenwood-Van Meerveld B, Sokabe M

Yakugaku Zasshi. 2005 Dec;125(12):937-50.
New views on antidiarrheal effect of wood creosote: is wood creosote really a gastrointestinal antiseptic?
Ataka K, Ito M, Shibata T

Clin Ther. 2004 Oct;26(10):1644-51.
Multicenter, double-blind, randomized comparison of wood creosote, the principal active ingredient of Seirogan, an herbal antidiarrheal medication, and loperamide in adults with acute nonspecific diarrhea.
Kuge T, Shibata T, Willett MS.

Int J Toxicol. 2001 Sep-Oct;20(5):297-305.
Lack of oncogenicity of wood creosote, the principal active ingredient of Seirogan, an herbal antidiarrheal medication, in Sprague-Dawley rats.
Kuge T, Shibata T, Willett MS, Turck P, Traul KA.

広告

Written by medqa

2006/05/05 @ 12:29

カテゴリー: herbal remedy

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中