MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

URLとCMS – 診療報酬情報提供サービス

leave a comment »

いくつかの正引き、メタタグなどによる転送で同一のサーバ(物理的に2台?)へアクセスを促しています。その目的はユーザーの利便性だけではないと思います。

 www.iryohoken.go.jp(正引き 202.214.127.150)
 www.iryohoken.ne.jp(正引き 202.214.127.150)
 www1.iryohoken.ne.jp(正引き 202.214.127.148)
 www2.iryohoken.ne.jp(正引き 202.214.127.149)
 202.214.127.150(逆引き http://www.iryohoken.ne.jp)

すべて、メタタグで
 <meta http-equiv="refresh" content="10;URL=http://www.iryohoken.go.jp">
http://www.iryohoken.go.jp へ転送し、
サーバ機 202.214.127.148 のポータルサイトに再転送。
ときに、サーバ機 202.214.127.149のポータルサイトに転送。
データベースはミラーリングと思われます。

グローバルIPアドレス入力でもアクセスできます。
 http://202.214.127.148/
202.214.127.148(逆引き www1.iryohoken.ne.jp)
 http://202.214.127.149/
202.214.127.149(逆引き www2.iryohoken.ne.jp)

但し、正引きによるIPアドレス
 iryohoken.ne.jp 失敗
 iryohoken.go.jp 失敗
 ns.iryohoken.ne.jp(正引き 202.214.127.147)

広告

Written by medqa

2008/12/14 @ 11:55

カテゴリー: お知らせ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中