MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

Archive for 5月 2007

全国都道府県のLG.JP – Local Governmentドメイン名とDNS設定について

leave a comment »

JPRSが開設し、2002年10月1日から登録が始まった地方公共団体向けのドメイン名「LG.JP」について
 http://jprs.jp/info/notice/lg.html

属性型地域型 JPドメイン名の1つですが、取得可能な組織は、
 http://jprs.jp/doc/rule/rule-lgjp.html
【引用】
 別紙1「LG ドメイン名の組織種別等」
(1) 組織の種別および登録資格
   (a) 地方自治法に定める地方公共団体のうち、普通地方公共団体、特別区、一部事務組合および広域連合等
   (b) (a)が行う行政サービスで、総合行政ネットワーク運営協議会が認定したもの
に限定されており、総登録数は約4000を予定しています。

財団法人 地方自治情報センター(LASDEC)
 http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/its/08/ittuusin59.pdf
 地域IT通信
 発行 N o.:第59号
 発行日:平成17年7月26日
 発行者:LASDEC情報調査部地域IT化推進担当
 7ページ
【引用】

最後に
上 略
LG.JPドメイン名は、地方公共団体が提供する電子行政サービスの信頼性を確保し、住民・企業が安心してサービスを受けられるようにすることを目的としていることを述べてきました。
地方公共団体の提供する電子行政サービスの成否は、社会的影響も大きいため、信頼性の高いLG.JPドメイン名を是非とも使用していただきたいものです。

のとおり、地方自治体による電子行政サービスの信頼性を担保するものです。
登録開始から4年以上を経過し、全国47都道府県のlg.jpドメイン名の利用状況を調査しました。具体的には、
DNS Report
 http://www.dnsreport.com/
を利用し、メール関連のDNS設定をチェックしました。

「Category」 MX、Mail 両方に「Fail」がなかった ⇒ 35/47都道府県
残念ながら、約1/4(12の都道府県)においてlg.jpドメイン等がないか、DNS設定エラーが確認されました。

Domainなし
 pref.kanagawa.lg.jp

MX および MailのCategoryでFailを有するLGドメイン
 metro.tokyo.lg.jp
 pref.kochi.lg.jp
 pref.nagano.lg.jp
 pref.tochigi.lg.jp

MXのCategoryでFailを有するLGドメイン
 pref.aomori.lg.jp
 pref.mie.lg.jp

MailのCategoryでFailを有するLGドメイン
 pref.chiba.lg.jp
 pref.ibaraki.lg.jp
 pref.oita.lg.jp
 pref.okinawa.lg.jp
 pref.osaka.lg.jp

MX、MailのCategoryでFailのないLGドメイン
 pref.aichi.lg.jp
 pref.akita.lg.jp
 pref.ehime.lg.jp
 pref.fukui.lg.jp
 pref.fukuoka.lg.jp
 pref.fukushima.lg.jp
 pref.gifu.lg.jp
 pref.gunma.lg.jp
 pref.hiroshima.lg.jp
 pref.hokkaido.lg.jp
 pref.hyogo.lg.jp
 pref.ishikawa.lg.jp
 pref.iwate.lg.jp
 pref.kagawa.lg.jp
 pref.kagoshima.lg.jp
 pref.kumamoto.lg.jp
 pref.kyoto.lg.jp
 pref.miyagi.lg.jp
 pref.miyazaki.lg.jp
 pref.nagasaki.lg.jp
 pref.nara.lg.jp
 pref.niigata.lg.jp
 pref.okayama.lg.jp
 pref.saga.lg.jp
 pref.saitama.lg.jp
 pref.shiga.lg.jp
 pref.shimane.lg.jp
 pref.shizuoka.lg.jp
 pref.tokushima.lg.jp
 pref.tottori.lg.jp
 pref.toyama.lg.jp
 pref.wakayama.lg.jp
 pref.yamagata.lg.jp
 pref.yamaguchi.lg.jp
 pref.yamanashi.lg.jp

以上

広告

Written by medqa

2007/05/21 at 23:38

カテゴリー: 医療ICT

OpenOffice.org プレゼンテーション Impress

with one comment

国際的な標準ファイル形式(国際標準規格 ISO/IEC 26300)を採用したライセンス・フリーのオフィスアプリケーション「OpenOffice.org 日本語版
OpenOffice.org プレゼンテーションソフト Impress について
現在(2007.7.12)、日本語最新版は バージョン 2.2.1です。

OpenOffice.org 2.1 / 2..2.1日本語版 Impress [ODP 2.1/2.2.1]で作成したプレゼンテーションをMicrosoft® PowerPoint 2007 [PPT 2007] で表示したとき、前(旧)バージョン間で起こったフォント変化(下記ホームページ参照)の問題は、かなり解決されているようです。
現時点でも、Microsoft社 PowerPointとの互換性は100%ではありませんが、前(旧)バージョンでの若干の問題点などを理解すれば、オープン・スタンダードであるOpenOffice.org は地域ネットワーク、学校、企業、自治体、医師会など、いろいろな組織内において利用可能なオフィススイートです。特に、プレゼンテーションソフトは普及してほしいと思います。

★ OpenOffice.org日本ユーザー会「Impressに関する文書・情報」
 ⇒ Impressを使ってみよう
 ⇒ よくある質問とその答え (FAQ)
 http://ja.openoffice.org/impressmenu.html
[引 用]
パワーポイントとImpressを比べてみると
○ パワーポイントのほうが、テンプレートやクリップアートが充実しています
○ パワーポイントのほうが、画面効果やアニメーションが充実しています
○ パワーポイントでは、テキスト量に合わせてサイズを変える機能があります
◎ Impressの方が操作がシンプルです
◎ {Impressは} 「スタイルと書式」で全体を調整できます

【ユーザーによる紹介サイト】
プレゼンテーション用アプリケーション[PPT2003および2003以前] と [ODP2.0および2.0以前]との比較と思われるが、バージョン表記なし。

★ 「OpenOffice.org ユーザーのための Microsoft Office 互換性研究
室」
 http://oooug.jp/compati/pp-impress/import01_p-i004.html
 PowerPoint←→Impress ドキュメントの互換性

★「夢ネット・栄」のホームページより
 http://syonets.com/homepage/archives/000472.html

注意: 作成【Impress】、発表【パワーポイント】のとき、シンプルなプレゼンテーションであっても、フォントなど変化しますので、「PowerPoint」限定の発表では事前のリハーサル(直前では間に合わない可能性あり)は必須です。

更新情報
OpenOffice.org 2.2.1日本語版リリース
Date: Thu, 12 Jul 2007 11:35:03 +0900 (JST)
   http://ja.openoffice.org/download/2.2.1/
対応プラットフォーム
 ・Windows(98/Me/XP/2000/NT4/Vista)
 ・Linux(x86)
 ・MacOSX(PPC)
[更新前情報 (2007.5.14)]
本家サイトではversion 2.2 安定版が公開されていますが、上記 「OpenOffice.org日本ユーザー会」のホームページなどから、
 Use OpenOffice.orgOpenOffice.org
(2007/5/14 時点の最新)日本語安定版 version 2.1を無償ダウンロード(DL)できます。約100MBの大きなサイズのファイルですので、ブロードバンド環境下でのみDL可能です。既存のMicrosoft®Word, Excel, Powerpointが最初に起動するように、インストールの際、これらファイルをOpenOffice.orgに「関連付けしない(チェックを入れない)」方がよいです。
Ping送信元: 石川県石川郡ののいち町新庄5丁目106 やまむら眼科医院

Written by medqa

2007/05/14 at 09:44

カテゴリー: 医療ICT

休日当番医情報 (平成19年5月)

平成19年5月13日  (第 2日曜日) 9:00 から 12:00 まで

午前中のみ 受付、診療いたします。
Ping送信元: 石川県石川郡ののいち町新庄5丁目106 やまむら眼科医院

Written by medqa

2007/05/11 at 21:12

カテゴリー: 休日当番医

「オープンな標準」優先とベンダーロックインの回避

leave a comment »

総務省はホームページ上で「情報システムに係る政府調達の基本指針」
 http://www.soumu.go.jp/s-news/2007/070301_5.html
を公表しました(平成19年3月1日)。
 本文22ページ(PDF文書)

(3)オープンな標準に基づく要求要件の記載
・・略・・・
具体的には、原則として、独自の機能、独自のデータフォーマット及び独自の方式を使用せず、国際規格・日本工業規格等のオープンな標準に基づく要求要件の記載を優先する。また、要求要件として提示することが必要な機能を列挙する等により、特定のハードウェア及びソフトウェアについて有利な要求要件の記載とならないようにする。
・・下略・・・

【脚注】「オープンな標準」とは、原則として、(1)開かれた参画プロセスの下で合意され、具体的仕様が実装可能なレベルで公開されていること、(2)誰もが採用可能であること、(3)技術標準が実現された製品が市場に複数あること、のすべてを満たしている技術標準をいう。

本文の一部を引用しましたが、政府基本指針は医療ICT化、医療における情報システムにも今後大きく影響すると思います。情報システム調達における競争参加機会の拡充や分離・分割調達の促進のためには、調達要求要件における「オープンな標準」優先とベンダロックイン回避の考えが不可欠です。
Ping送信元: 石川県石川郡ののいち町新庄5丁目106 やまむら眼科医院

Written by medqa

2007/05/02 at 05:53

カテゴリー: 医療ICT