MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

Archive for 12月 2009

Peruvian man – XXDR-TB – Florida

leave a comment »

ProMED-mail 20091230.4387
Published Date 30-DEC-2009
Subject Tuberculosis, XXDR – USA: Florida ex Peru
19歳の男性ペルー人が英語の勉強のため渡米 (Florida 州)。XXDR-TB。入国19か月後、21歳の2009年7月、最後の薬を飲んで退院。

multi-drug-resistant tuberculosis (多剤耐性結核 MDR-TB) 定義:2剤耐性(isoniazid, rifampin)/ 全世界で年間 約500 000人
extensively-drug-resistant tuberculosis (超多剤耐性/広範囲薬剤耐性結核 XDR-TB) 定義:MDR+(fluoroquinolone系薬剤の1剤以上、かつ注射可能な薬剤の1剤以上)に耐性/ 3年前、南アフリカ共和国で診断された最初のXDR-TB 53人中52人死亡。
extremely-drug-resistant tuberculosis (極度薬剤耐性結核 XXDR-TB) 定義:第1(*)および第2選択薬(**)すべてに耐性/ 2003年、中流階級でHIV陰性のイタリア人女性2人が抗結核薬すべてに耐性のTBに感染し死亡。
(Migliori GB et al. First tuberculosis cases in Italy resistant to all tested drugs. Eurosurveillance Weekly Release 12: 5, 2007)

ペールは今、MDR-TBが大きな問題となっている。

1st line anti-TB drugs(*) : isoniazid (INH), rifampin, pyrazinamide, ethambutol, and streptomycin
2nd line drugs(**) : amikacin, kanamycin, capreomycin, viomycin, fluoroquinolones, ethionamide, cycloserine, and para-aminosalicylic acid
 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15971391
3rd-line drugs : macrolides (such as clarithromycin), clofazimine , amoxicillin/clavulanic acid, linezolid, imipenem, high-dose isoniazid, and several new investigational drugs

injectable drugs : capreomycin, kanamycin and amikacin
fluoroquinolone class of drugs (e.g., levofloxacin, moxifloxacin, or gatifloxacin)

広告

Written by medqa

2009/12/31 at 19:10

カテゴリー: ProMED-mail, Twitter

Tagged with , , ,

Anthrax – New Hampshire

with one comment

[追加情報 2010-01-03]
ProMED-mail 20100102.0020
米国 New Hampshire州 Durhamの United Campus Ministry’s Waysmeet Centerで採取した4検体( Strafford郡のanthrax感染女性の身体、12月4日使用したドラム2張、電気コンセント1か所)の炭疽菌はすべて同じDNAであったと米国CDCから報告あり[31 Dec 2009]。ドラムサークルで使用した太鼓66張中56は検査済。保健局はすでに同センターを通った者の約半数にワクチン接種等を呼びかけた。残りの参加者からの連絡を求めている。
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/7312209007
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/7312231361

[更新情報 2009-12-30]
ProMED-mail 20091229.4374
ニューハンプシャー州ダラムのUnited Campus Ministryに保管されていたAfrican drum [太鼓] 2張から炭疽菌が検出された。
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/7174860629

ProMED-mail 20091227.4360
Published Date 27-Dec-2009
[1] Source: New Hampshire Department of Health and Human Services
Date: 26 Dec 2009
米国 New Hampshire州 Strafford郡で成人女性1人が腸炭疽 gastrointestinal anthraxを発症。ニューハンプシャー州保健社会福祉省(DHHS)が確認し発表[26 Dec 2009]した。CDCによる感染源調査中。患者は危篤状態。DHHSは環境からの自然感染と考えている。米国での自然感染による炭疽病患者は 1957年以来、11人。New Hampshire 州での最後の発生は1957年にまで遡り、マンチェスター市の織物工場で従業員 9人(皮膚 4 吸入 5)が感染した。最近のニューヨークの1例、コネティカット州の1例は、動物の皮に関連していた。

[2] Source: Fosater’s Daily Democrat
Date: 27 Dec 2009
腸炭疽を発症した若年成人女性はアフリカ製の太鼓 African drum を所有しており、ニューハンプシャー州ダラムのWaysmeet Centerでのドラムのサークル(2009年10月-12月上旬)
the ecumenical United Campus Ministry for the University of New Hampshire community
に参加した。関係者の発言からUNHの学生ではない。
最も最近の米国の炭疽患者2例は動物の皮製太鼓に関係[上記]。Connecticut州の1家族の2 人は2007年、アフリカの太鼓 African drum を作るときに使用した動物の皮革で[由来の]皮膚炭疽を来たし治療した。2006年、ニューヨークのダンサー([兼?]ドラムメーカー)1人は吸入による炭疽に自然感染した。

Written by medqa

2009/12/29 at 14:59

カテゴリー: ProMED-mail, Twitter

Tagged with

医療施設ホームページのGoogle Analytics利用に関して

leave a comment »

たとえば、Twitter は下記抜粋部分の利用規約を遵守しています。
しかし、医療施設ホームページなどで、規約に違反しているサイトが散見されます。
「Google Analytics サービス利用規約【プライバシー】お客様は、本サービスを利用する(又は第三者が利用する)にあたって…お客様は [お客様のウェブサイトに]プライバシー・ポリシーを載せなければならず、当該プライバシー・ポリシーにはお客様が、ファーストパーティ cookie により匿名のトラフィックデータを収集していることが表示されなければならない。」
 http://www.google.com/analytics/tos.html

Written by medqa

2009/12/28 at 16:31

カテゴリー: ご注意下さい, Twitter

Tagged with

Scotland – heroin-related anthrax – CFR 60%

leave a comment »

[追加 2010-01-07]
CFR 現時点で 45.5% (5/11)
英国 Scotlandの ‘Anthrax heroin’ 炭疽菌に汚染されたヘロインによる患者は 11人となりました(このうち 5人死亡)。Fife ファイフ州の女性患者の診断は検査結果待ちです。患者の内訳 英国NHS[国民健康保険]の Tayside テーサイド 男性1人、Lanarkshire ラナークシャー 男性3人、Greater Glasgow and Clyde 男性4人および女性3人。典拠 BBC News (6 Jan 2010) / ProMED-mail 20100106.0054
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/7464856822
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/7464946259

[追加投稿 2010-01-02]
ProMED-mail 20100101.0011
Monklands District General Hospital, Lanarkshire 男性患者も炭疽菌 anthrax陽性であった(6例目)。治療が奏功している。7人目は検査中 (Southern General病院)。汚染ヘロインと希釈薬”cutting agent”の感染源として、1本の大通りが疑われている。
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/7282133928

ProMED-mail 20091224.4333
Published Date 24-DEC-2009
Subject Anthrax, human – UK (04): (Scotland)
英国 Scotlandの heroinユーザーの炭疽病による致死率 CFRは現時点で、60% (3/5 例)。一般的な皮膚炭疽病Anthraxでは CFR 0-10%。
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/7015741974
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/7016434650
生存者は、Glasgow’s Victoria Infirmary, Monklands District General
Hospital(Lanarkshire) 入院中の各1名。

炭疽病患者の治療を行っている3病院 (as of 02 Jan 2010)

Victoria Infirmary, Glasgow
(Case 1) 男性, 死亡 [6 Dec 2009]
(Case 2) 女性?, 生存

Glasgow Royal Infirmary
ICU
(Case 3) 男性, 死亡
(Case 4)   ?, 死亡

Monklands District General Hospital, [North] Lanarkshire
(Case 5) 男性, 生存
(Case 6) 男性, 生存

当ブログの初回エントリー「anthrax – heroin users」
 https://telementoring.biz/2009/12/18/anthrax-heroin-users/

Written by medqa

2009/12/25 at 09:42

カテゴリー: ProMED-mail, Twitter

Tagged with

amoeba – Balamuthia mandrillaris – organ transplant

with one comment

amoebaアメーバ Balamuthia mandrillarisが初めてヒトからヒトに伝染した極めてまれな感染例が米国内の臓器移植で発生しました(CDC確認)。感染したレシピエントは少なくとも1例です。
神経学的問題で 2009年11月、 University of Mississippi Medical Centerで死亡した一人の患者から米国3州で4人の患者に臓器が提供されました。時に、まれな疾患はルーチンの検査を擦り抜けます。レシピエント2例は危篤状態で、他の2例は症状を呈していません。
本アメーバはヒトに脳炎を起こします。1990年、第1例が確認されて以来、全世界でわずか150例のみ報告されています。

ProMED-mail 20091220.4298
Published Date 20-Dec-2009

Date: Sun 20 Dec 2009
Source: Google News
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5jWWYaONBnst-a1hheAxX37y9eW9gD9CM5ISG0

2 Kidney Recipients Contract Brain Disease From Donor
 http://www.nytimes.com/2009/12/19/health/19transplant.html

Written by medqa

2009/12/21 at 09:24

カテゴリー: ProMED-mail

Tagged with

anthrax – heroin users

with one comment

[追加投稿 2009-12-23]
Glasgow Royal Infirmaryに入院しているヘロイン使用患者は3人目の炭疽病であることが確認されました(危篤状態)。同病院入院中の他の患者は4人目の可能性があります。
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/6959002462

[初回投稿]
ProMED-mail 20091217.4270
Published Date 17-DEC-2009
anthrax, human – UK: (Scotland) heroin users
英国 Glasgow グラスゴーのヘロイン使用者2人が炭疽病になり、うち男性1人はVictoria Infirmaryで死亡[2009年12月16日]。1例は検査中で全3症例はheroinを注射した体の部位に重篤な軟部組織感染が見られた。2000年4月、ノルウェー Oslo で同様の1症例(死亡)。
Twitter
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/6795325806
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/6795293945
 http://twitter.com/TweetMedmail/status/6843819406
出典
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/scotland/glasgow_and_west/8419113.stm
http://www.nhsggc.org.uk/content/default.asp?page=s1192_3&newsid=10768&back

Written by medqa

2009/12/18 at 22:22

カテゴリー: ProMED-mail, Twitter

Tagged with , , ,

Bundibugyo ebolavirus in Uganda

with one comment

WHOアーカイブ
http://www.who.int/csr/don/archive/disease/ebola_haemorrhagic_fever/en/index.html
Uganda保健省は[20 February 2008] ウガンダ西部 ブンディブギョ県 Bundibugyo でのエボラ熱流行の終息を宣言。最後の患者は08年1月8日退院し、最長潜伏期間の2倍以上の42日を経過したためです。2007年12月7日のWHO最終更新情報には、エボラ出血熱 Ebola haemorrhagic fever の疑い患者 93人(死者 22人を含む)と記載されています。米国アトランタ州 CDCのウイルス分析により、Bundibugyo のエボラウイルスは新種で、アフリカの3種(3 African Ebola species)である Zaire (現 コンゴ民主共和国), Sudan, Ivory Coast(コートジボワール Cote d’Ivoire 別称) とは異なることが確認されました。

ウガンダでは2007年11月24日から 37人が死亡しました(確定患者149人中。死亡率 24.83% 典拠 Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Ebola_outbreaks )

2000年以降、エボラウイルス感染症の流行がみられる他の国です。
西アフリカ
 ガボン共和国 Gabon (中部アフリカに含まれることもある)
中部アフリカ
 コンゴ共和国 Republic of the Congo
 コンゴ民主共和国 Democratic Republic of the Congo
 スーダン南部 southern Sudan

フィリピン Reston ebolavirus

2000-2001年、ウガンダ 北部 Guluなどの流行は Sudan ウイルスによるものです。

Written by medqa

2009/12/17 at 15:43

カテゴリー: endemic, WHO

Tagged with ,