MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

Archive for the ‘rabies’ Category

rabies – a major public health issue in China – fake vaccines

leave a comment »

ProMED-mail Archive Number 20100927.3498
Published Date 27-SEP-2010
Subject PRO/AH/EDR> Rabies – China: (GI) counterfeit human vaccine
Date: Sun 26 Sep 2010
Source: CRIEnglish.com, Xinhua News Agency report [edited]
http://english.cri.cn/6909/2010/09/26/1821s596358.htm

中国南部 Guangxi Zhuang Autonomous Region 広西チワン族自治区で小児 1人の死亡原因となった偽狂犬病ワクチンを製造販売した 8人逮捕 (地方薬事当局発表 [26 Sep 2010])。本年 1月からの 2か月間で 1263回分の偽薬発見。このうち、約 1214回分はすでに使用された。4歳児は同自治区 Laibin City 来賓(らいひん)市 Xinbin District 興賓(こうひん)区の本人が住む村で犬 1匹に咬まれて3週後死亡。
Twitter http://twitter.com/TweetMedmail/status/25830857699

[Mod. CP氏解説:感染死でなく副作用と思われる。
Since the incubation period for rabies virus infection in humans may vary from a few days to several years, but typically is 1 to 3 months, it is likely that death of the 4-year-old child 3 weeks after being bitten by a dog can be attributed to the fake vaccine rather than disease. No other adverse outcomes have been reported so far.
]

Rabies has emerged as a major public health issue in China. Last year [2009] China was 2nd only to India in the number of human deaths caused by rabies. Around 2000 people per year in China die from rabies.

広告

Written by medqa

2010/09/29 at 08:55

カテゴリー: ProMED-mail, rabies

Abortive Human Rabies – first reported case

leave a comment »

狂犬病ウイルスの不稔感染 [頓挫性狂犬病] が推定されるヒト狂犬病の1症例
MMWR Weekly
Presumptive Abortive Human Rabies — Texas, 2009
February 26, 2010 / 59(07);185-190
 http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5907a1.htm?s_cid=mm5907a1_e

症例: 17歳女性。2009年2月25日、地域病院の救急外来受診(ED)。
コウモリへの暴露歴あり (暴露前・後の狂犬病ワクチン接種なし)

The patient recalled that approximately 2 months before her headaches began she had entered a cave while on a camping trip in Texas and came into contact with flying bats. Although several bats hit her body, she did not notice any bites or scratches. The patient also reported owning pet ferrets and a dog; all were in good health and under routine veterinary care. … The patient reportedly had never received rabies prophylaxis.

What is already known on this topic?
Only six human rabies survivors have been well documented after clinical onset, and none of the survivors had abortive rabies (i.e., recovery without intensive care).

狂犬病発症後に文書で十分に立証されたヒト狂犬病生存者はわずか 6人であり、生存者の誰も abortive rabies [不稔感染の狂犬病 頓挫性狂犬病] (すなわち, 集中治療を受けずに回復)ではなかった。

What is added by this report?
This is the first reported case in which certain clinical and serologic findings indicate abortive human rabies and in which, despite an extensive medical investigation, no alternate etiology for the illness was determined.

信頼できる臨床および血清所見がヒト狂犬病不稔感染を示し、詳しい医学研究にもかかわらず、他の病因の可能性が決定されなかった初めての報告例である。

What are the implications for public health practice?
Clinicians treating possible human rabies, indicated by acute, progressive infectious encephalitis, a compatible exposure history, and serologic evidence of a specific lyssavirus response, should contact their state health department for engagement with CDC; public education should continue to stress the importance of avoiding exposure to bats and seeking prompt medical attention after exposure to any potentially rabid animals.

急性で進行性の感染性脳炎、矛盾しない感染暴露歴、lyssavirusに対する特異的反応の血清学的エビデンスによって示されるヒト狂犬病の感染可能性のある患者治療を行う臨床医は、米国CDCとの取り決めにより州保健局に連絡すべきである; 一般への啓蒙・教育はコウモリへの暴露を避け、狂犬病の可能性のある動物に暴露した後に迅速な治療を求めることの重要性を強調しつづけるべきである。

Written by medqa

2010/03/01 at 22:48

カテゴリー: ProMED-mail, rabies

Rabies – Philippines

with 3 comments

フィリピン共和国への旅行者は、同国で犬に近づいたり、触れたりしないよう、注意して下さい。
ProMED-mail Archive Number 20100208.0422
Published Date 08-FEB-2010
Subject PRO/AH/EDR> Rabies, canine, human – Philippines (03): update

フィリピン保健省発表: 狂犬病は全世界の感染症によるヒトの死亡原因の第10位で、主に発展途上国の貧困な人々が罹患する。フィリピンで発生する狂犬病[の90%は]犬が関係し、今も公衆衛生上の問題である。
毎年、狂犬病に1千万人が曝露し約6万人が死亡するが、そのほとんどはアジアとアフリカ地域で、その99%は発展途上国の人々であり、感染者の15%は15歳未満の小児である。
2005年だけで、Philippinesで狂犬病感染者は248人登録され、同国は India, China, Pakistan, Bangladesh に次いでアジア第5位であった。
2009年は国内で250人が登録されたが、その地域は 61% in Luzon, 20.5% in Mindanao, 18.5% in Visayas であった。
2008年の感染者数上位5位の州は, Isabela (17), Camarines Sur (15), Cagayan and Nueva Ecija (14), Iloilo イロイロ(10), Camarines Norte (9)であった。
動物に咬まれる被害者は過去5年で増加しており、2008年の報告例 189 781人のうち、59% in Luzon, 24% in Visayas, 17% in Mindanaoであった。

ヒトからヒトへの感染例は[期間、地域など記事記載なし]、移植後15例、全例死亡 (角膜移植 8例、血管移植 1例、固形臓器移植を含む)。狂犬病が発症するリスクは唾液に含まれる狂犬病ウイルスの量(唾液中へのウイルス排出は間欠的)、咬傷の重傷度と部位により影響され、およそ 15-20%。潜伏期間は平均 10-90日間。特に、小児で、顔、頭、首など支配神経がよく発達した部位では潜伏期間は数日-数週とより短くなる可能性があり、米国の最近の報告例のように6年と非常に長い例外的な事例もある。
ヒト狂犬病は媒介動物の感染を根絶し[フィリピンでは犬の少なくとも70%にワクチン実施]、曝露のカテゴリーに応じた適時、適切な[曝露後ワクチン接種] post-exposure prophylaxis (PEP) 対策とハイリスクの個人に対する[曝露前予防接種] pre-exposure prophylaxis (PrEP)対策を行うことで予防可能です。

… rabies is an acute, progressive, incurable viral encephalitis with a fatal outcome transmitted through injection of infectious saliva into a broken skin (bite exposure) and licking of scratches, abrasions, open wounds or intact mucous membrane; inhalation/aerosol transmission from bats in caves, …

… Once clinical symptoms have occurred, …, rabies is almost invariably fatal wherein mortality rate is 100 percent in unvaccinated patients. …

Written by medqa

2010/02/09 at 10:04

カテゴリー: ProMED-mail, rabies

rabid raccoons in Central Park – officials warn

leave a comment »

ProMED-mail Archive Number 20100203.0367
Published Date 03-FEB-2010
Subject PRO/AH/EDR> Rabies, raccoon – USA (02): (NYC)

米国ニューヨーク市 Central Park内と近くの場所で狂犬病のアライグマ rabid raccoon は、2003年から2009年11月までは3匹だけであったが、2009年12月と2010年1月で 28匹確認された。当局と医療専門家は、セントラルパークの狂犬病流行はアライグマからヒトに拡大するかもしれないと警告した[29 Jan 2010]。

Officials warn of rabies outbreak in Central Park
 http://www.cnn.com/2010/HEALTH/01/29/central.park.rabies/

[同記事より] ニューヨーク市 Manhattanでは、2009年に狂犬病のアライグマ 10匹の報告があったが、このうち 8匹は2009年12月であった。2003年から2008年までの確定例はわずが 1匹であった。

Written by medqa

2010/02/04 at 15:17

カテゴリー: Facebook, ProMED-mail, rabies

Tagged with ,

oral rabies vaccination (ORV) – vaccinia virus infection

leave a comment »

CDC MMWR Weekly
Human Vaccinia Infection After Contact with a Raccoon Rabies Vaccine Bait — Pennsylvania, 2009
November 6, 2009 / 58(43);1204-120
 http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5843a2.htm

米国ではアライグマのほか、テキサスではハイイロギツネ、コヨーテの動物間流行性狂犬病を予防するため、2003年からメイン、アラバマ、テキサス州など15州で経口狂犬病ワクチン接種(ORV)プログラムを実施しているが、2009年8月初旬、ペンシルベニア州西部で、キャンペーン用の餌が破れており、液体ワクチンが35歳女性の右手および手首の擦り傷のところに付着(※) し、ワクシニアウイルス感染症となり治療を行った。彼女は炎症性腸疾患のため免疫抑制薬による治療中であった。本プログラムによる感染者は2症例目。液体ワクチニア-狂犬病ウイルス糖タンパクを含む組み換えワクチン Raboral V-RG (Merial, Inc., Athens, Georgia) が入ったORV餌 wildlife rabies vaccine bait は居住地以外は飛行機で、田舎では手作業で散布する。

※ ブラックベリーを摘む作業で擦過傷ができていた。キャンペーン用の餌の中のワクチン容器は飼い犬が噛んだので破れた。犬が落としたので、彼女が拾ったところ液体ワクチンが手にかかったもの。

参照ページ ProMED-mail 20090819-0050
狂犬病-カナダ:(オンタリオON)、野生動物のワクチン接種
 http://www.forth.go.jp/cgi-bin/promed/search.cgi?title_link=20090819-0050&button_detail=on

ProMED-mail 20091105.3825
Published Date 05-NOV-2009
Subject PRO/AH/EDR> Vaccinia, human, oral rabies vaccine – USA: (PA)

Written by medqa

2009/11/06 at 12:55

カテゴリー: rabies

Tagged with