MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

Archive for the ‘Hemorrhagic Fever’ Category

ProMED-mail – Ebola

leave a comment »

ProMED-mail 1994年設立。1999年10月から国際感染症学会ISID の公式活動となった。
 http://www.urlwire.com/news/120602.html

2004年1月からアーカイブ閲覧可能。
検索 “ebola”でのヒット[初回投稿]は
PROMED: Re: Ebola new case 19950413.0206
13-APR-1995
西アフリカ コートジボワール共和国の森林地帯 Tai Forestに住むチンパンジーの死体解剖により Ebola hemorrhagic fever (EHF)エボラ出血熱ウイルス (Cote d’Ivoire ebolavirus) が1994年11月1日、発見された。また、死体解剖を行った科学者が1週間後に発症(約2ヶ月後、完全回復)したことなど、メール投稿数通。
 http://en.wikipedia.org/wiki/Ebola
そして、
PROMED: Ebola outbreak – Zaire (press report)
08-MAY-95 19950509.0255
 イタリアでの報道はデマなのか?

ザイール(現 コンゴ民主共和国 DR Congo, Democratic Republic of the Congo 1971年10月27日-1997年5月17日まで国名 ザイール共和国 Zaire)
首都 Kinshasa の東 150マイル Bandundu バンデュンデュ州キクウィト KikwitでEbola (再)流行
Archive Number 19950509.0255
Published Date 09-MAY-1995

Apparently, the outbreak began with “bloody diarrhea”, with at least 50 deaths, 15 of whom were medical workers.

のメール投稿に始まり、以降、全世界へ向けたEHFに関する情報配信が続くことになります。
[初回の流行]
旧ザイール共和国の最初の流行は 26 August 1976 に Yambuku で起こり、本疾患(ザイール株)の第1例目は 44歳教師 Mabalo Lokela 氏であった。
同時期に隣国スーダン共和国 Republic of Sudan の Nzaraの綿工場で複数の労働者が同疾患に感染した(1976年6月、スーダン株)。

広告

Written by medqa

2009/12/08 at 13:14

カテゴリー: Hemorrhagic Fever, ProMED-mail

Tagged with ,

Egyptian fruit bat – Ebola and Marburg virus

leave a comment »

洞窟をねぐらにしている Egyptian fruit bat エジプトルーセットオオコウモリ(学名 Rousettus aegyptiacus)が世界で最も致死率の高い2つのウイルス性出血熱 fatal hemorrhagic fever (1) Ebola 1976 (25-90%) (2) Marburg 1967 (25-80%以上)の自然宿主であることが確認されました(アフリカジャングルでの5年に亘る国際virus hunterチームの調査)。
1つの国で、エボラ出血熱 Ebola haemorrhagic fever, Marburg Hemorrhagic Fever を来たすそれぞれの原因ウイルス ebolavirus とmarburgvirusがコウモリの間で同時に循環しており、エボラウイルスは他にもう1つのコウモリ種も宿主である可能性あり。
投稿者注: % アフリカなどでの致死率(WHOホームページより)、西暦年 発見された年
ProMED-mail Archive Number 20091006.3469
Published Date 06-OCT-2009
Source: Bloomberg.com [edited]
Date: Fri 2 Oct 2009
Virus Hunters Find Ebola, Marburg Source in Fruit Bat (Update1)
 http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601124&sid=aCDY59ymDHII

Written by medqa

2009/10/07 at 11:23

カテゴリー: Hemorrhagic Fever

Tagged with ,