MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

Archive for 9月 2009

Measles Control – WHO African Region

leave a comment »

WHOアフリカ地域(AFR) 46か国における麻疹患者数:1980年代 100万人、1990年代 30-58万人、2001年 492,116人、2008年 32,278人。
2005-2008年、14か国で流行あり。
2012年までに麻しんによる死者を2000年推定死亡者数に比べて98%減少、年間発症率を人口100万人あたり5人未満など6項目を目標とする。

MMWR Weekly September 25, 2009 / 58(37);1036-1041
 http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5837a3.htm
Progress toward measles control – African region, 2001-2008

広告

Written by medqa

2009/09/26 at 09:32

カテゴリー: WHO

Tagged with ,

世界の感染症、伝染病 on Twitter

leave a comment »

Twitter投稿状況(2009年9月21日正午、開設日降順)

など

Written by medqa

2009/09/21 at 12:39

カテゴリー: Twitter

ProMED-mail – 世界の感染症情報 Twitter配信

leave a comment »

記事数 106(9月21日9:00現在) 2009年8月14日スタート
 https://twitter.com/TweetMedmail
当ブログ内にTweetsコピー(数エントリー、同一投稿者です)
(順不同)

  • ペスト菌遺伝子研究中のシカゴ大学研究者(60歳、教授)は09年9月13日研究室内感染で死亡した。初回剖検で血液中から弱毒化した株Yersinia pestisが検出された以外、明らかな死因は不明。健常人に問題を起こすことが知られていない、取り扱いに特別な安全対策を必要としない株。
  • 南アフリカ Mpumalanga県 Mbombela地区で羊のリフトバレー熱ウイルス流行確認(2009年5月)。ヒトへの感染はない。小地域的流行は2008-09年にかけて KwaZulu-Natal 県など計5県で報告。ヒト感染は08年17人、09年3人、全例職業で感染動物に被曝。
  • ブラジル北東ペルナンブコ州で睡眠中にコウモリにかまれて狂犬病を発症した16歳男子が100日余りのICU入院後回復し退院。早期Wisconsinプロトコルに基づく Milwaukee protocolによる治療で、世界3例目の成功例。歩行困難と言語障害は治療継続(股関節手術予定)
  • 狂犬病が疑われた犬を毒殺(バリ島では安楽死とならない薬品も利用されている)するために作られた薬品を含んだソーセージを人間が誤って食べて、意識不明状態で病院搬送。インドネシア Bali島 ProMED-mail 20090919.3289
    ProMEDモデレーターのコメントに対して:strychnineを混ぜたえさは狂犬病だけでなく増えすぎた野良犬、野良猫対策で使い、地域家畜サービス担当者がえさを置く前に飼い主は注意している。薬物の品質が悪いとの役人の話あり。 ProMED-mail 20090920.3299
  • アフガニスタンで従軍中、クリミア・コンゴ出血熱 (CCHF)ウイルスに感染したアラバマ州出身の米兵士22歳が2009年9月16日、ドイツで死亡した。カブール近くで勤務し、ヤギ遊牧民と一緒に田舎に行ったときダニにかまれたとのこと。9月13日から出血が始まり赤血球、血小板を輸血された。
  • hantavirus pulmonary syndrome はニューメキシコ州で2009年、4例発生(22才男性Rio Arriba郡および61才女性Taos郡は入院し、25才女性および65才男性はすでに回復)。2008年には2名死亡。HPS4症例ではハンタウイルス検出報告なし。
  • 英国 Greenhill, NORTHERN IRELANDの養豚場でブタ5000頭が感染した。morbidity rate 90%, case fatality rate 0.11 %,Start date 01 Sep 2009
    英国の養豚場 Pandemic H1N1 virus (2009)のブタ感染に関して、人からの感染は現時点では否定されている。ProMED-mail 20090918.3280
  • 米国 Colorado州馬の狂犬病感染が安楽死後確認[11 Sep 2009]。スカンクからの感染疑う。よだれを流す、口から泡を出すとき、馬が感染した兆候。Texas州 Snyderのrodeo大会[16-18 Jul 2009]で馬房にいた馬が30日死んで8月5日狂犬病と診断
    ロデオ大会での感染した馬の特徴と馬房の場所を詳細に報告。もし、馬の唾液が人の皮膚の傷口に触れたり、目や鼻に入ったら、感染すると警告し、この馬に触れた人は至急連絡するよう案内。ProMED-mail 20090918.3276
  • フランスミディ・ピレネー地方では、急性肝炎患者の2.72%は土着ウイルスの感染(2001-2002年)。Gideon データベースによる他情報有。フランスにおけるE型肝炎のリスク因子は、個人で作った水道を飲む、貝を未調理のまま食べる、ペットで豚を飼う。 ProMED-mail 20090918.3274
  • HEV肝炎 hepatitis E 患者8名は、生のFigatellu(フィガテル)を食べて発症。マルセイユの病院で診断確定(2007年以降)。ブタは本ウイルス保有宿主。ProMED-mail 20090917.3267
  • インド Uttar Pradesh州では、今でも原因ウイルスが特定されていない脳炎が発生し、2009年1425人もの患者となり、このうち293人が死亡した。以前の報告では、一部は日本脳炎ウイルスでない「急性脳炎症候群」と名づけられている。 ProMED 20090917.3256
  • カンピロバクター感染症(米国 WISCONSIN州)少なくとも35人、その殆どが子ども、10代で低温殺菌されていない牛乳を飲み、1名入院。Campylobacter jejuni検出。生乳を”cow-share”programを利用し販売した牧場が関与。 ProMED-mail 20090917.3264
  • インドTamil Nadu 州のRamanathapuram地区のKeezhakaraiおよび周囲の村で63人ものchikungunya 感染症発生。病院にはデング熱患者も入院している。 ProMED-mail 20090917.3258
  • 米国マサチューセッツ州ボストン Northeastern Universityで、2009年4月流行性耳下腺炎の集団発生があった。最近、学生3人が同伝染疾患 mumps発症。ProMED-mail 20090917.3265
  • 2009年7月末にフランスでヒトスジシマカ Aedes albopictus 発見。温暖な国々でdengue、chikungunya ウイルスなど媒介。繁殖地 in Aiton, Savoy, Manissieux in eastern Lyon など ProMED-mail 20090915.3244
  • シンガポールの病院で治療中の患者70 人を対象とした鼻咽喉の高感度ウイルス検査で、数人は発症後16日目も新型インフルエンザウイルス陽性であった。Dr. David C. Lye報告 ProMED-mail 20090915.3243出典AP電”www.healthzone.ca/”
  • DHF [1] Cambodia Kampot県などで洪水が発生し媒介蚊増加によるデング熱注意。2009年1月から24人死亡、31週で19人死亡などの報告。[2] Myanmar Arakan[現在Rakhine]州で9月第1週で子ども3人死亡。当州は医療費が高く医療設備も不完全
    [3] Malaysia 8月25日の死亡例(45歳、女性)を含めてデング熱の死者は09年合計69人。9月5日時点での2009年の患者数30,110人(2008年同期で 30,956人、死者71人)。女性が住む団地で昨年、3人がDHFで死亡。dengue hot spot 22箇所
  • 狂犬病のキツネが人を、狂犬病のアライグマ2匹が犬を咬んだため、Florida州 Escambiaの北部から中央部にかけて警戒地区(60日間)となっている。患者のプライバシー保護法により受傷・感染地域は公開されていない。 Escambia郡はフロリダ最西北部 ProMED-mail 20090915.3239
    Indonesia、Bali 2009年9月15日時点で、狂犬病疑い患者の死亡は計3症例:47歳女性(前Tweet)、他2例もTabanan県からの報告。ProMED-mail 20090915.3242
    Indonesia、Bali 2009年7月20日、47歳女性が自宅台所で3才の飼い犬に右腕をかまれたため、病院で破傷風ワクチン接種を受けたが、9月14日死亡。狂犬病疑い(3 例目)。バリ島の8県 Regency中3県及び周辺は狂犬病流行(now Tabananなど)
  • ロシア連邦シベリア連邦管区オムスク州Kolosovskiy地区で、畜牛4頭が狂犬病に感染し隔離対策が行われている。接触した24人に対して医学的観察中。ProMED-mail 20090914.32361
  • チクングニヤ熱(保健当局 2009-09-14発表):先週1週間でインド最南部 TAMIL NADU州Madurai市内で1,000人以上の chikungunya疑い患者の報告あり。ProMED-mail 20090914.3237
  • Crimean-Congo Hemorrhagic Fever (CCHF):TURKEY トルコでは、先週6人死亡(2009/1/1-2009/8/31 累計発症274人、死亡61人。昨年同期では1928人感染し、59人死亡)ProMED-mail 20090914.3235
  • コレラ Cholera [1] Afghanistan 全土で673人感染、死亡の報告なし。[2], [3] Ethiopia コレラを含む下痢性疾患AWD 18,000(過去3週)人、推定で半数はcholera。[4] Kenya 1地域で8人死亡、他地域で1家族治療中。
    コレラ [5] Zimbabwe (Manicaland) 1地域で12人罹患[6] Nigeria (Adamawa)北ナイジェリアで13人余り死亡[7] Papua New Guinea 過去50年間、患者がいなかったが、すでに12人死亡。[8] 同7僻地では40人以上死亡
    コレラ[9]India (Mumbai) 11人入院等[10]India (Gujarat)過去3日で成人3人死亡[11] Sri Lanka IDP campで患者急増[12]Kuwait 汚水処理プラント故障によりクウェート湾海水汚染 ProMED 20090913.3223
  • 英国サリー州の遊び場も備えた子ども農園で、病原性大腸菌 E. COLI O157感染症により36人発症(入院12人、重症4人)。全症例 10歳未満。8 Aug 2009から発症。 ProMED-mail 20090913.3224
  • ベトナムでの肝蛭(てつ)症患者は、中央、中央高地での発生がより多く、2009年(現時点)約3,000人(1年前に比べ45%増)。放牧中の畜牛(感染率 40-70%)により拡大し、水の中で生活する幼虫が入った野菜、生水から感染する。ProMED-mail 20090913.3219
  • Georgia グルジア共和国で国内初の Crimean-Congo hemorrhagic fever 感染者 31歳、男性。人工呼吸器使用し治療中。Nairovirus属CCHFウイルスを媒介するマダニに咬まれたものと思われる。家族の血液検査も実施中。

Written by medqa

2009/09/21 at 09:04

カテゴリー: Twitter

ProMED-mail – Tweetsコピー

leave a comment »

記事数73(9月13日19:00現在) 2009年8月14日スタート
 https://twitter.com/TweetMedmail
当ブログ内にTweetsコピー(数エントリー、同一投稿者です)
(順不同)

  • 南カザフスタン州で狂犬病感染患者2人 [72歳男性、80歳男性](2009-09-01発表) / 動物、犬、ネコ、家畜の狂犬病はクリミア地方だけでなくUkraine全土で流行。.Crimeaでは、居住区以外でハンターが 83 dogs、他にcats,foxes,raccoonを狙撃
  • 6 Jan 2009 – 22 Feb 2009の期間、英国およびアイルランド国内で3-star Michelin Guideと評価されたグルメレストラン全3店の1つで、生牡蠣料理のディナーによると思われるノロウイルス食中毒患者 529人が発生した。レストラン側対策不足で6週続く
  • パキスタン出身医師(1980年腫瘍専門医)が23年間診療を行っているNew Jersey州の医療機関で患者5名がB型肝炎となり、さらに検査陽性者29人、陽性であるが関係がはっきりしない68人確認。化学療法室の床には血液が付着し、汚染された手袋使用などの衛生規範違反を衛生検査官指摘
  • 2009年8月末、米国最東北部メイン州オックスフォード郡の家族3人と飼い犬が狂犬病の野良猫(子猫)に咬まれた。Maine州では現在までに42匹の狂犬病ウイルス感染動物が確認されている(22 raccoons,10 skunks,6 foxes,3 bats,1cat)
  • マダニIxodes ricinusによって媒介されるTBE virus (TBEV)によるダニ媒介性脳炎2症例がデンマークではボーンホルム島以外で始めて確認された。40代男性、林業従事者。30代男性幼稚園勤務。同じ森の中でそれぞれ居住、勤務 ProMED-mail 20090910.3195
  • 現在、新型インフルエンザなどの伝染病を含む世界の感染症情報を投稿 POSTしています(Twitter bot ボットのようですが、プログラムが自動でPOSTを行っているTwitter アカウントではありません)。
  • インドネシアのジャワ島中部のいくつかの地域でワクチン接種後の多くの産卵鶏が鳥インフルエンザに再感染したと報道されている。HPAI H5N1の再感染であるか定かではないが、感染ニワトリは死なず、産卵が低下する。ProMED-mail 20090909.3181
  • イランでは、Crimean-Congo haemorrhagic fever (CCHF)に63人が感染し、8人が死亡した。1944年 Crimeaで第1例目確認、1956年、Congoで同疾患報告 ProMED-mail 20090908.3172
  • 英国内発症のvariant Creutzfeldt-Jakob disease vCJDは年々減少している。1995年に第一例目、08および09年(現時点)は1例のみ。仏では1997年から確定診断例 24名(男女同数)で全例死亡 ProMED-mail 20090908.3170
  • オランダの死者は新型インフルエンザ2 人に対してQ熱5人:ヤギ、ヒツジなどの家畜、動物に感染しているCoxiella burnetii菌の胞子は長期生存し(また、風で運ばれ)伝染力が強く家畜の糞便、乳、卵を介して、ヒトが感染する。生物兵器となる可能性あり。 ProMED-mail 20090908.3169

Written by medqa

2009/09/13 at 18:59

カテゴリー: Twitter

Tagged with

ProMED-mail 140文字配信継続 on Twitter

leave a comment »

記事数63(9月8日15:00現在) 2009年8月14日スタート
 https://twitter.com/TweetMedmail
エントリー「ProMED-mailを抄訳しTwitter配信」
 https://telementoring.biz/2009/08/25/promed-mail-twitter/
エントリー「ProMED-mail 140文字配信 on Twitter」
 https://telementoring.biz/2009/08/31/promed-mail-140characters-on-twitter/
(順不同)

  • 48歳の運搬車ドライバーの死因が腐りかけているオオバアオサ Ulva lactuca が産生する硫化水素による中毒死であるか、調査中(家族は検死を拒否しているが、地方検察官は9月7日命令)。年間2000トンの海草を取り除く業務中に発生(2009年7月、フランス ブルターニュ海岸)
  • dengue hemorrhagic fever Dengue/DHF 基本的なサービスのない市街地に人が多く住むようになったことが問題。3 billion人リスク状態[1] Brazil (Bahia)今年8ヶ月間で患者103,788人で昨年の3倍 [2] Brazil (Mato Grosso)今年36,339人 [3] Puerto Rico4月に初めての死者 [5] Sri Lanka 死者245人 ProMED-mail 20090907.3144
  • イラン、マシュハドの食肉処理会社 “Tappe Salam”の従業員6人が Crimean-Congo haemorrhagic feverに罹患した。アフガニスタンから家畜を輸入した後、流行した。ProMED-mail 20090907.3149
  • 2009年8月下旬、バリ島 Tabanan県で初めての狂犬病患者が発生しその死亡した男性の息子の嫁が一命をとりとめた。彼女は8月上旬に野良犬に咬まれたが、VAR注射が遅れ一時重症となった。8県のうちBadung,Denpasar,now Tabanan、その周囲が流行地 ProMED
  • 世界最大規模の豚肉の生産国および消費国、中国の消費者1200人を対象とした調査で、新型インフルエンザ流行初期には64%、現時点でも21.2%の人が豚肉を食べると、H1N1 virus にかかると信じている。ProMED-mail 20090907.3146
  • イラン内科医連盟、政府事務局などが、具体的な死亡率は提示していないが”In Iran, regular seasonal influenza is more dangerous than the pandemic (H1N1) 2009 virus.”と述べている。 ProMED
  • 西アフリカで大洪水発生し、Ghana, Burkina Fasoのほか、Benin, Guinea, Niger, Senegalなど被災。ウイルス性動物原性感染症 Rift Valley feverによる家畜、人の感染発生危惧。PorMED-mail 20090906.3139
  • バリ畜産局は、いまでもBali島では avian fluが存在し多くは家畜化された鳥が感染していると発表。2009年に入ってインドネシアでは、Avian Influenza A/(H5N1) の報告はないが、妊婦が感染した疑いがあり治療中で胎児が死亡した。20090905.3125
  • ウクライナのChernobyl 原子力発電所の敷地内で6人が狂犬病のオオカミに咬まれた。最近、同国Crimeaのタウンシップの1つで、狂犬病のネコが1日で5人を咬んだ。 Chernobylでは監視員が不足している。ProMED-mail 20090905.3121
  • 風土病「良性多発性関節炎」西オーストラリア州の行政区Shire of Capelでは今年3例であるが蚊の発生が多く、10月から患者増加と予想。ProMED [1959年、北東部Queensland州の海岸沿いのTownsville市のRoss River付近の蚊からウイルス発見]
  • シンガポールでは、インドネシアの養豚場から輸入した生きた豚、数頭が新型インフルエンザに感染していたため、検疫を強化した。インドネシアは25か国から豚肉を輸入し、当該養豚場から毎日、 1000頭を輸入している。 ProMED-mail 20090904.3114
  • A pilgrim(28y/o,man) from Egypt had seasonal H3N2 together with pandemic (H1N1) 2009 virus.The co-infection was not with avian (H5N1).ProMED
  • 過去7ヶ月で包虫症が2.8倍増加。カザフスタン共和国の人口の3-6%はエキノコックスに対する血清抗体陽性(2007年投稿情報)で、最近の調査で犬の13%がE.granulosusに感染し、貧困層と関連ある地域コミュニティでヒトへ伝染している。ProMED 20090902.3091
  • H5N1 HPAI(高病原性鳥インフルエンザ):Egyptでは、2006年2月に最初の流行があり、その後エジプト国内の全行政区域 29 governorates で一定の間隔で流行が起こり、風土病 endemic とみなされている。Chinaでは、2004年以来、100回以上の流行が報告されている(23の県 provinces、家禽類と野鳥)。Indonesiaの一部の島では、風土病 endemic である:Java, Sumatra, Sulawesi。Bali islandsもその可能性あり。ProMED-mail 20090902.3089
  • Dengue/DHF update 2009 (34) ProMED-mail 20090831.3065 [1] Viet Nam ハノイでは2009年昨年同期の10倍 2500人 [2] Sri Lanka 今年これまで245人死亡(2008年間85人) [3] Myanmar (Rakhine) 農村部に未報告患者多く、治療機会ない [4] India (Gujarat) 過去48時間で15人発症 [5] Pakistan Islamabadなどの郊外で5症例確定 [6] Mauritius 6月にPort Louisで流行 [7] Dominican Republic Canca La Reina地区などで流行。以上
  • ワクチン入荷に6ヶ月かかる。インドでは2006年2月以来日本脳炎ワクチンは中国SA14-14-2 anti-JE [virus] vaccineに完全依存(2005年JE流行で1800人超死亡したため)。生ワクチン一回接種 効果90%約USD 0.21。20090831.3070
  • インドAssamでは、日本脳炎(JE)発症年齢が15歳以上にシフトしているため、ワクチン接種を全年齢に拡大する必要あり。ProMED-mail 20090831.3070
  • 米国での第1・2期梅毒発症率は 2000年に人口10万人あたり2.1人と、1941年報告制度開始以来最低となったが、2001年から2004年にかけて増加し両期で 2.7(1期の増加は男性間セックス)。Forsyth郡では、現時点で2008年間患者の3倍。 20090831.3069
  • Álvaro Uribeコロンビア大統領は2009年8月28日、アルゼンチン国内で開催された中南米代表参加サミットの演説直後に症状出現し、29日コロンビアで公式行事を行い、31日診断された。電話、インターネットなどを使い大統領官邸で執務中。ProMED 20090831.3063
  • Uganda Virus Research Institute は Mbale Hospitalで治療中の患者血液から Ebola hemorrhagic feverのウイルスは検出されなかった”free”と発表しました。20090831.3061 & 20090821.2962

Written by medqa

2009/09/08 at 15:08

カテゴリー: Twitter

Tagged with

Endemic coast goiter

leave a comment »

子どもでは、昆布過食など食餌による過剰なヨード(ヨウ素)摂取は甲状腺機能障害や甲状腺腫に関連します。北海道では、“endemic coastal goiter”in Hokkaido とよばれる病気が知られています。ヨード(ヨウ素)の豊富な海草の多い地域の伝統食が関係します。尿中ヨード(ヨウ素)濃度で500 mcg/L以上であると、甲状腺に影響し大きくなります(甲状腺腫)。
Zimmermann MB 2005 / 風土病について Suzuki H 1965

原著 “ENDEMIC COAST GOITRE”
 http://www.eje-online.org/cgi/content/abstract/50/2/161
Acta Endocrinologica, Vol 50, Issue 2, 161-176, 1965
European Society of Endocrinology
ENDEMIC COAST GOITRE IN HOKKAIDO, JAPAN
Hoji Suzuki, Tadashi Higuchi, Kunio Sawa, Sachiya Ohtaki and Yoshihiko Horiuchi

A survey of goitre was made in the goitrous regions on the coast of Hokkaido, the northern island of Japan. Prevalence of goitre was confirmed in Hidaka coast and Rishiri Island. All goitrous patients were clinically euthyroid. The usual diet of the inhabitants of these districts consisted of a large quantity of iodine-rich seaweeds. Urinary excretion of iodine in five patients exceeded 20 mg per day.

中略

In a few patients restriction of seaweed induced a marked decrease in the size of goitre. The major cause of the endemic coast goitre seems to be excessive and longstanding intake of iodine from seaweed, and the similarities of iodine metabolism between the endemic coast goitre and iodide goitre arc discussed.

American Journal of Clinical Nutrition, Vol. 81, No. 4, 840-844, April 2005
American Society for Clinical Nutrition
High thyroid volume in children with excess dietary iodine intakes
Michael B Zimmermann, Yoshiya Ito, Sonja Y Hess, Kenji Fujieda and Luciano Molinari

Conclusions: Chronic iodine intakes approximately twice those recommended – indicated by UI concentrations in the range of 300–500 mcg/L – do not increase Tvol in children. However, UI concentrations >=500 mcg/L are associated with increasing Tvol, which reflects the adverse effects of chronic iodine excess.

他の参照ページ:
こども健康倶楽部 – 先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)の患者さんとご家族のための情報サイト
 PDFファイル:昆布過食による”Endemic Coast Goitre” 原著の写真コピーがあります。
 http://kodomo-kenkou.com/default/file_download/58

Written by medqa

2009/09/04 at 17:02

カテゴリー: endemic

Tagged with ,