MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

Archive for 9月 2008

scuba diving – ocular barotrauma 眼圧

leave a comment »

レクリエーションのスキューバダイビング中、浮上20分以内の眼圧は平均 2.3±1.8 mmHg(平均 17%)上昇し、24時間以内に正常化した。

スキューバダイビング scuba diving と 気圧性眼障害 ocular barotrauma
  self-contained underwater breathing apparatus 自給気式潜水装置
レクリエーションのスキューバダイビングの定義:最大深度 130フィート(1フィートは30.48センチメートル)までの強制的減圧を行わない娯楽のための潜水。
  注)死亡原因について http://blog.m3.com/blogosphere/20080915/

以下に関連論文の要約などを意訳(日本語)しました。

Retina. 1995;15(2):160-6.
動物実験:家兔眼の硝子体内約60%に混合ガス(perfluoropropane/空気)を注入し、33feet 相当(1フィートは30.48センチメートル)まで気圧を変化させると、眼圧は 0 mmHg(気圧上昇)から 50mmHg(気圧を大気圧に戻す)まで変化した。

Orbit. 2006 Mar;25(1):19-22.
眼窩骨膜下血腫の報告:スキューバダイビング(水深20mまで)31歳女性/ダイビングマスク内が減圧状態となり、小血管が破綻したもの。特に、家族歴がある場合、血管異常を原因として除外することが大事。

Klin Monatsbl Augenheilkd. 2008 May;225(5):430-1.
眼窩内血腫の報告:スキューバダイビング(水深10m)36歳女性/3ヶ月後には症状消失していた。再発リスクを減らすために脳内血管異常を原因として除外しなければいけない。

Klin Monatsbl Augenheilkd. 2001 Apr;218(4):232-6; discussion 237-8.
経験者と初心者の比較:潜水中のダイビングマスク内・外の気圧(ΔP)をコンピュータでモニターした。経験者 15人、初心者 9人で比較。気圧差の平均 14.8 hPa(1 milli bar = 1 hPa ヘクトパスカル 1013.25 hPa = 1気圧)。潜水深度とは関係なく、呼吸により 0 – 25 hPa (0-19 mm Hg)の変動。負の気圧差は初心者に9.5倍多く、6秒超続く10hPa以上の気圧差は初心者だけにみられた。

J Cataract Refract Surg. 1999 Dec;25(12):1620-3.
角膜手術後の影響について高圧室での実験:放射状角膜切除術(radial keratotomy RK)を受けた4例4眼と年齢などマッチングした対照例4眼について、高圧室1時間後の視力、眼圧、角膜状態を比較した。差はなかった。

Invest Ophthalmol Vis Sci 2003;44: E-Abstract 2571.
 http://abstracts.iovs.org/cgi/content/abstract/44/5/2571
Corneal Thickness and Intraocular Pressure Changes Associated with Scuba Diving
K.J. Maverick and M.S. Conners
Ophthalmology, Washington University – St Louis, Saint Louis, MO, United States
ダイビングセンターで潜水し、浮上後に視力、角膜厚、眼圧など調査:34 feetから 100 feet(1フィートは30.48センチメートル)潜水した。12名のダイバーが参加し、潜水25回、24眼のデータ集計。
角膜厚は潜水後、平均 1.9%減少した; 平均9.4±10.1 microns。角膜厚は有意な変化はなかったが、わずかに薄くなった。
眼圧は潜水後、平均 17% 上昇した; 平均 2.3±1.8 mmHg。
潜水深度、1時間以上の潜水回数とは関係はなかった。
潜水後の浮上直後には平均で1ラインの3文字分の視力低下が起こった(lost an average of three letters of a line of vision immediately post-dive ※)。
視力、角膜厚、眼圧は24時間以内に正常化した。
角膜屈折手術後においてもレクリエーションのダイビングは安全である。
 ※原文と投稿者による補足(参照:Snellen chartイメージ 112KB from Wikipedia)
Ping送信元: 石川県石川郡野々市町新庄5丁目106 やまむら眼科医院

広告

Written by medqa

2008/09/15 at 19:55

カテゴリー: ご注意下さい

Olympic athletes – 飛び込み選手の網膜損傷

leave a comment »

エリート飛び込み選手と命懸けの絶対に勝つ国家プロジェクトについて

Spring board and platform diving injuries in elite Chinese divers
Sydney 31 October -5 November 1999
 http://fulltext.ausport.gov.au/fulltext/1999/iocwc/abs221a.htm
6年間の観察で、中国ナショナル・チーム54人の飛び込み選手中、50人に様々な程度の網膜・硝子体疾患がみられた。これら障害の頻度と程度は、飛び板飛び込み選手 springboard diver より高飛び込み選手 platform diver に多く、シニアに比べてジュニアに多かった。

China Presses Injured Athletes in Quest for Gold
June 20, 2008
 http://www.nytimes.com/2008/06/20/world/asia/20olympics.html?pagewanted=all
中国水泳の飛び込み選手の24%は網膜損傷を有していた(2000年の研究)。
 先天性眼疾患の検査によるスクリーニング不足
 時代遅れの激しいトレーニング方法(ゴーグル未装着のため、目に対して繰り返し水衝撃が加わる)

OLYMPICS: NOTEBOOK;Suspicions Over Chinese Divers
July 19, 1996
 http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9B00E4D81F39F93AA25754C0A960958260
練習時間は米国チームで週35時間を上限としている。中国は週55時間から60時間。

郭晶晶(グォ・ジンジン、グオ・チンチン)27歳、女性。
アテネ・北京の両五輪大会で金メダル計4個
3m板飛込み、3mシンクロナイズド板飛込み
両眼網膜損傷 -香港メディア
2008年9月12日
 http://www.excite.co.jp/News/china/20080912/Recordchina_20080912028.html
Ping送信元: 石川県石川郡野々市町新庄5丁目106 やまむら眼科医院

Written by medqa

2008/09/13 at 21:53

カテゴリー: athlete