MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

Archive for 5月 2010

ProMED-mail via Twitter and Google Docs

leave a comment »

[2011年1月25日]
今後、更新ファイル Google Docs は Google Buzz にアップロードいたします。

[以下は初回投稿など]
世界の感染症速報情報 – 出典 ProMED-mail
  http://twitter.com/TweetMedmail
の記事検索のために、Google Docs (コピー) で表示しました。

[3]
Aug 8th, 2010 [Tweets 1252] – May 23rd, 2010
No.1 – No.245
  Google Docs [3]

 /* 上下のHTMLファイル中、19 Tweets重複しています。 */

[2]
May 28th, 2010 [Tweets 1031] – Jan 29th, 2010
  Google Docs [2]
No.1 – No.440

 /* 上下のHTMLファイル中、10 Tweets重複しています。 */

[1]
Feb 3rd, 2010 – Aug 14th, 2009
  Google Docs [1]
No.1 – No.601

広告

Written by medqa

2010/05/28 at 20:53

カテゴリー: ProMED-mail, Twitter

23 AFP cases in 2010 – none of them was linked to polio – Uzbekistan

leave a comment »

ProMED-mail Archive Number 20100507.1478
Published Date 07-MAY-2010
Subject PRO/EDR> Poliomyelitis – worldwide (07): Uzbekistan, not

Date: Tue 4 May 2010
出典 Source: Med Novosti [in Russian, trans. Corr.ATS, edited]

ウズベキスタン共和国保健省の副大臣は、以前に報告された同国内のポリオウイルス感染症 [急性灰白髄炎]の発生例を否定した。
2010年初めからの急性弛緩性麻痺 (acute flaccid paralysis AFP)患者は 23人であるが、検査によりポリオとの関連性のある患者はいなかった。地域のWHO事務局はウズベキスタンのポリオ患者についての情報を広めなかったことを明確に示した。AFP全症例の原因は異なる疾患”エンティティ”であった。最近、同国に着任[?]したWHO専門家の国内での感染予防活動に感謝するとも語った。
野生型ポリオウイルスによって起こる AFPの発生は、同国に隣接するタジキスタン共和国領土内で登録された。170人中 12人は死亡した。32人 [ProMED-mail 20100502.1423 *]はポリオウイルス感染症と確認された。

* 同一投稿者ブログエントリー参照
ProMED-mail Archive Number 20100502.1423
 http://outbreaks.biz/2010/05/03/poliomyelitis-tajikistan-update-who/

以前、WHO はウズベキスタン領土内に数人のAFP患者がみられると報告し、さらに「検査室での確認は行われなかった」と一言付け加えていた。[下記英文をご参照下さい]

ProMED-mail Archive Number 20100424.1319
Published Date 24-APR-2010
Subject PRO/EDR> Poliomyelitis – Worldwide (04): Tajikistan, Uzbekistan susp
[2] WHO confirmation
Date: Fri 23 Apr 2010

同一投稿者ブログエントリー 概要(日本語)
 http://outbreaks.biz/2010/04/24/poliovirus-acute-flaccid-paralysis-tajikistan/

A total of 3 cases of acute flaccid paralysis have been reported in Uzbekistan on the Tajikistan border; poliovirus has not been isolated yet in laboratory testing. …

[Mod. MPP氏解説:
AFP surveillance has been crucial in identification of polio cases. There are many causes of AFP, one of which is infection with a poliovirus.

An indicator of good AFP surveillance in a country is a non-polio annual AFP rate for children less than 15 years of age greater than or equal to one per 100 000 population. In 2008, the non-polio AFP rate for Uzbekistan was reported as 1.2 per 100 000 population (see
 http://www.who.int/immunization_monitoring/en/globalsummary/IndicatorTS_Result.cfm : … ).

Uzbekistan had an estimated population of 27.6 million in July 2009, 28.1 per cent of which are under 14 years of age: to achieve a non-polio AFP rate of 1 or greater, one would expect at least 276 AFP cases reported during the course of the year.
]

Written by medqa

2010/05/07 at 17:41

カテゴリー: ProMED-mail