MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

Archive for 8月 2009

ProMED-mail 140文字配信 on Twitter

leave a comment »

ProMED-mail 主要記事概要 [140字(Twitterつぶやき上限文字数)以内で邦訳]
記事数36(8月31日11:00AM現在) 2009年8月14日スタート
 https://twitter.com/TweetMedmail
エントリー「ProMED-mailを抄訳しTwitter配信」
 https://telementoring.biz/2009/08/25/promed-mail-twitter/
(順不同)

  • エジプトで85例目のavian influenza A (H5N1)ウイルス感染症例[14歳、女子。発表 29 Aug 2009]] 飼い慣らされた鳥が感染していた。高熱等の症状出現後、入院Tamiflu治療で安定している。公式には 84症例目(20ヶ月、女児)まで。ProMED
  • ここ数週間にマンハッタンで狂犬病ウイルスに感染した2例目のアライグマ発見。12 rabid animals in New York City[2009]/Central Parkを含むニューヨーク各地区で見つかっており、Raccoon最多。2008年、19匹が狂犬病ウイルス陽性。
  • 日本脳炎ウイルス, West Nile virusを媒介する蚊_Aedes_japonensis_の生息が初めてヨーロッパ中央central Switzerlandで確認。日本,韓国,中国にnative、North America,France,Belgiumでも生息ProMED
  • Namibia最北部 Ohangwena地方のOshikango市西南Engela地区で29人が麻しんを疑われ、2人が診断確定。ナミビア中部のKhomas地方でも成人麻疹例1名が入院治療。Ohangwenaで新型インフルエンザ患者が増加し隣国アンゴラ共和国は麻疹流行中。ProMED
  • チリのヒトから七面鳥感染:turkey strain was shown to be 99.7 % similar to the pandemic strains circulating in Chile in human cases・・ ProMED 20090829.3036
    ノイラミニダーゼ遺伝子配列研究 genetic sequencingの結果より鳥インフルエンザの存在するアフリカの一部、南アジア諸国の全住民に対して優先的にワクチン接種を行い鳥とヒトとのインフルエンザ遺伝子の混ぜ合わせを遮断する(ProMed 20090829.3036投稿者意見)
  • インド洋 Reunion島で、蚊によって媒介されるウイルスchikungunya virus (CHIKV)感染症「チクングニヤ熱」の症例が散発的にみられます。3症例(全例、島の西部 Saint-Gilles-Les-Bainsから)のほか、疑い例2例。20090828.3028
  • カナダ・マニトバ Manitoba州の養豚場で pandemic (H1N1) 2009 virusによるブタの感染が確認されました。症状は軽度で、4-7日以内に回復します。ProMED-mail 20090828.3027[Manitoba 州養豚場] pandemic (H1N1) 2009 virus は養豚場では他のインフルエンザウイルスと異なることはなく、ヒトの感染拡大に動物が重要な役割があるとのエビデンスもないため、対策としてブタの隔離、根絶は行わないことでカナダ食品検査庁等と同意あり。
  • 2009年8月23日までの約1月で、アンゴラ共和国クネネ州南方の4地域で少なくとも99人の麻疹患者が発生した。Cahamaで子ども2人が死亡し、Kwanhamaに拡大し15歳以下の子どもが罹患している。ProMED-mail 20090827.3023
  • INDIA 日本脳炎JE vaccination campaign 子ども1-15才対象 [UP] 2009年5月 追加7地区 coverage 84.6% [Assam] 2009年5月 4地区 coverage 74% ProMED-mail 20090827.3015
  • Swiss pharmaceuticals company Roche Holding AG,タミフルの政府発注分は2004年以来、2.2億人の治療量分(96カ国)、国連寄付10.65 million人分。shelf-life品質保持期限を5年から7年に延期した国(次Tweet)
    タミフル品質保持期限を5年から7年に延期した国(品質安定性データをRoche社提出後)The United States, Canada, Australia, Hong Kong, EU薬品監視機構(季節性インフルエンザ5年)。ProMED-mail20090826.3006
  • オーストラリア東北部クイーンズランド州、Brisbaneの西でDalbyの近くの養豚場隔離。ブタの検査でinfluenza A陽性、450の豚舎で飼育中の多くのブタにインフルエンザ症状あり。8月24日検査実施し数日後結果判明する。ProMED-mail 20090826.2999
    カナダのほか、これまでに influenza A(H1N1) 検査陽性の養豚場(オーストラリア) northern Victoria [19 Aug 2009], New South Wales {July 2009] ProMED-mail 20090826.2999
広告

Written by medqa

2009/08/31 at 11:16

カテゴリー: Twitter

Tagged with

ProMED-mailを抄訳しTwitter配信

with one comment

世界各地でいろいろな感染症が確認されています。

「エボラ出血熱」疑い患者の検査結果はまだです。病院、地域は緊急事態となっています。

インドでは比較的裕福な人の新型インフルエンザ検査が優先されて、貧困な子どもたちの間で流行している日本脳炎の検査治療が十分に行われていないそうです。今年のワクチン不足も深刻です(輸入は中国から)。

英国では大会参加者に対して病原性大腸菌 O-157に関する情報提供などを行うため、主催者、当局は電話、Eメール、SNS “Facebook”などで連絡をとりました。感染拡大はしていないようです。

日本では、新型インフルエンザワクチンが発展途上国にも届くよう支援できる政権、政府となるのでしょうか?

[ProMED-mail 最近の報告より]
投稿者によるTwitter
 https://twitter.com/TweetMedmail
にて、記事概要を日本語でTweets投稿しました(順不同)。

  • 中央アジア、ロシア、トルコなどから「クリミア・コンゴ出血熱 Crimean-Congo hemorrhagic fever」の報告が相次いでいます。
  • インド北部のウッタルプラデシュ州で日本脳炎 Japanese encephalitis virus (JEV) 感染と思われる患者が過去1ヶ月で200名以上、死者40名。
  • インド北部で日本脳炎が流行。これまでUttar Pradesh州の病院に900人の子どもが入院し少なくとも200人が死亡した。2005年、1500人の子どもが亡くなった後、中国からワクチンを輸入し大規模な接種プログラムを始めたが2009年は十分でない。
  • フィンランドで初めてのコウモリ狂犬病報告。研究者および助手が数回、こうもり(Daubenton’s bat, _Myotis daubentoni_)に咬まれた。
  • チリ首都Santiagoの西120Kmの2農場で、七面鳥turkeysの産卵数減少(13 Aug 2009)。新型インフルエンザA (H1N1) 2009検出(20 Aug 2009)。ヒトから鳥への感染が初めて確認されました。
  • influenza A(H1N1)2009 ヒトから鳥への感染(最初の事例):七面鳥は卵の販売目的で飼育。2009年8月22日、流行中の七面鳥のインフルエンザHA遺伝子解析(ISP)し、チリ共和国のヒト感染例のウイルス株と100%同じであった。
    OIE レポート:A/H1N1 2009確認。病気の鳥”出血した七面鳥”は50%超で、生殖器官の病変のため、卵殻の質など低下したが、20日後に産卵率は回復した。孵化卵のPCR検査は陰性で、季節性インフルエンザH1,H3はともに陰性であった。経済的損失大。ProMed 20090823.2978
  • エボラ出血熱疑い患者入院 Mbale[ウガンダ 18 Aug 2009] 輸血、5Lの輸液等を行うも、患者状態悪化。Bundibugyo [同国]で2007年12月最後の流行。
  • DHFデング熱:ベトナム(90%は都市部からの患者)で2009年8月初旬から一日当たり30-40人が発生し、入院患者のほとんどは重症でその62%は16-30歳の生徒・学生。Sri Lanka、Guatemalaも流行。Cambodiaはまだ緊急事態ではない。
  • 2009年7月29日から8月9日の期間に開催された英国Pembrokeshireでのdance campに約650人が参加し、少なくとも4人が病原性大腸菌O-157に感染した。

Written by medqa

2009/08/25 at 09:07

カテゴリー: Twitter

Tagged with

infectious disease report on Twitter

leave a comment »

投稿者は日本、世界の感染症情報をTwitterで配信中です。
    括弧内はTweets数(2009-08-19 08:00時点)

Written by medqa

2009/08/19 at 08:05

カテゴリー: Twitter

インフルエンザ流行注意報 – 沖縄県 2009年

leave a comment »

沖縄県では土曜日、日曜日の医療機関救急外来などが深刻な事態となっています。

沖縄県における新型インフルエンザの集団発生は累計147施設(2009年8月12日午前11時現在)。
インフルエンザの定点報告が1定点10人を超えたため、2009年8月6日(木)インフルエンザ流行注意報を発令。
沖縄県ではA型インフルエンザと診断された患者の95%以上が新型インフルエンザとなっている。

「新型インフルエンザ流行による注意報発令」の事態です。
季節性を含むインフル患者数は8月13日現在、定点当たり20人を上回る見込み(下記記事より)。

今後、定点あたり30人を超えると「警報」。2学期が始まります。

【沖縄タイムス】
インフル患者殺到 県内医療機関/救急3~4時間待ち
 http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-08-11-M_1-022-1_001.html
段階的な休校要請決定/新型インフル 県対策本部が対応緩和
 http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-08-14-M_1-026-1_002.html

Written by medqa

2009/08/14 at 12:25

カテゴリー: インフルエンザ