MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

Measles Control – WHO African Region

leave a comment »

WHOアフリカ地域(AFR) 46か国における麻疹患者数:1980年代 100万人、1990年代 30-58万人、2001年 492,116人、2008年 32,278人。
2005-2008年、14か国で流行あり。
2012年までに麻しんによる死者を2000年推定死亡者数に比べて98%減少、年間発症率を人口100万人あたり5人未満など6項目を目標とする。

MMWR Weekly September 25, 2009 / 58(37);1036-1041
 http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5837a3.htm
Progress toward measles control – African region, 2001-2008

広告

Written by medqa

2009/09/26 @ 09:32

カテゴリー: WHO

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中