MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

mosquito-borne alphavirus – Sindbis virus – Pogosta disease

leave a comment »

発熱、発疹、関節炎を症状とする蚊媒介性アルファウイルス感染症 Pogosta病 (Finland)/ Eurosurveillance 2010; 15(2) / ProMED-mail 20100114.0173 [参照アーカイブ 19950922.0870]
 http://www.eurosurveillance.org/ViewArticle.aspx?ArticleId=19462
ヒトのアルファウイルス Sindbis virus (SINV)感染による大流行は 1974年から7年毎にフィンランド共和国で発生している。1995年(感染者 1301人)、2002年(597人)は大流行で、2009年は105人と小さな流行であった。媒介蚊の多い8月、9月に同国東部で患者が多かった。本ウイルスは Eurasia, Africa, Oceania に存在。2009年、Swedenでも5人発症[未発表]。類似疾患は Sweden (Ockelbo disease), Russia (Karelian fever)など。同ウイルス抗体はライチョウ科の鳥や渡り鳥で検出されており、以前、ライチョウの集団的消滅が流行の周期に一致していた。2009年の患者数は、1955-2009の非流行年(平均 57人)より多く、1997-1998, 2000, 2003年より少ない。

広告

Written by medqa

2010/01/15 @ 16:31

カテゴリー: Eurosurveillance, ProMED-mail

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中