MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

meningococcal disease – Dominican Republic and Haiti

leave a comment »

ProMED-mail Archive Number 20100206.0401
Published Date 06-FEB-2010
Subject PRO/EDR> Meningococcemia, fatal – Dominican Republic ex Haiti
ドミニカ共和国の公衆衛生省は、一人の福音主義キリスト教牧師の親戚を髄膜炎菌感染症のため監視下に置いた。彼(63歳後半)は、ハイチ共和国 Haitiで地震の被害者救済中に[髄膜炎菌に]感染し、菌血症によりSanto Domingoの医療センター入院数日後の2010年1月30日早朝、死亡した。2010年1月21日から28日までの1週間、ハイチに滞在した。ドミニカ首都 サントドミンゴ Villa Faronの教会 The Church Of God Of Prophecy の彼の信徒12人と一緒にハイチ首都 ポルトープランス Port-Au-Princeにいた。濃厚接触者の[感染]予防対策を行っているとドミニカ保健省公表。信徒は震災孤児のため一時避難所を準備する作業をしていた。
気道分泌物、唾液を介するヒトからヒトへの感染が起こり、濃厚接触者は一般住民より500-800倍、髄膜炎菌の二次感染を起こしやすいので予防的抗菌薬を行う[実際に治療が行われたか記載なし]。
(投稿者注: 括弧[ ]内はブログ投稿者による)

広告

Written by medqa

2010/02/07 @ 19:43

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中