MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

BISPHENOL A – health risks – FDA

leave a comment »

FDAはペットボトル、ソーダ缶、食品容器、何千もの消費財に含まれる化学物質 ビスフェノールA (BPA)の安全性についての見解[立場]を撤回した。健康リスクについて懸念を持っている。連邦政府当局は… 特に、胎児、乳児、幼いこどもの発育へのBPAの影響を懸念している。”一般の人々がBPAへの曝露を減せるように、我々が適正措置を勧告するべき懸念がある”と、米FDA副長官は発言した [15 Jan 2010]”。米国CDCによると、Bisphenol A (BPA)は硬化プラスチックに使われ、広く流通しているので、米国民の90%以上が自身の尿中に微量排泄する。主に化学工業[会社]によって資金援助された2つの研究を信頼し、BPA は安全であると[の見解を] FDAは長い間、維持してきた。最近のデータでは、FDAによって安全と認められたレベル以下の低濃度のBPAでさえ健康影響が発見された。

ProMED-mail Archive Number 20100117.0196
Published Date 17-JAN-2010
Subject PRO/EDR> Bisphenol A, toxic plastic – USA: alert

Washington Post
Saturday, January 16, 2010
Reversing itself, FDA expresses concerns over health risks from BPA
 http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/01/15/AR2010011504070.html

Growing scientific evidence has linked the chemical to a host of problems, including cancer, sexual dysfunction and heart disease. Federal officials said they are particularly concerned about BPA’s effect on the development of fetuses, infants and young children.

広告

Written by medqa

2010/01/18 @ 14:25

カテゴリー: ProMED-mail

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中