MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

Leptospirosis – travelers and farm workers – Queensland

leave a comment »

ProMED-mail Archive Number 20100219.0571
Published Date 19-FEB-2010
Subject PRO/AH/EDR> Leptospirosis, farm workers, travelers – Australia: (QL) alert

レプトスピラ症 leptospirosis は [オーストラリアでは] 農民だけの病気と考えられていたが、特に、若いバックパッカーの感染に気をつけるように Queensland州の研究者は語った。季節農場労働者とヨーロッパからの旅行者は本疾患に罹患する。クイーンズランド州 北部の医師は、その地域では比較的ありふれた病気のため、かなり認識しているが、旅行者がシドニーに着いてからでは[医師は]思い浮かばない。ケインカッター Cane Cutter[サトウキビを刈り取る作業の労働者] 病ともいわれている。

[ProMED-mail コメント: 1930年代には、同州に移住したサトウキビ農家で主に発症した。1930年代の初めの湿潤な夏に多くの患者が発生した。流行している地域でのレプトスピラ症の呼び名: swineherd’s disease, rice-field fever, canecutter’s fever or disease, swamp fever and mud fever など。]

バナナ園やサトウキビ畑で働く発展途上国から来た季節労働者や旅行者に発生している。
[ProMED-mail コメント] レプトスピラ属の数種類の細菌に感染した動物の尿で汚染された淡水 (海水でない)、含水土、植物に曝露したとき、ヒトのほか、犬、ネコ、ブタ、げっ歯類などのいろいろな動物が人獣共通感染症 レプトスピラ症に罹患する。慢性感染している動物は、尿にレプトスピラ菌を排出する。温帯地方に広く生息している細菌で、多雨、淡水を含む洪水の後、ネズミが増えると、本疾患が発生する。
水田の作業者、牧場労働者、食肉処理場労働者、猟師、伐採者、下水道作業者、獣医、漁業従事者、酪農家、軍人など、野外で働く多くの人々に職業上の危険がある。
また、レクリエーション活動も危険である。感染動物で汚染された池、川、沼の水に曝露される (例) camping, fresh water swimming, canoeing, kayaking, rafting, golfing, and trail biking など
感染したペットを飼ったり、ネズミに曝露した家の家族も危険である。
都市での感染例:米国、東京 (Leptospira interrogans)
感染したネズミの尿に曝露した、感染した犬の尿に触れたと考えられている。
発症まで約 10日 ( 2-30 日)である。

[ProMED-mail archive number 20091016.3561 コメント]
患者の90%以上は、軽症で自然に回復するが、まれに致死的である。約10%は心筋、肺、腎、肝臓の病変を来たし、このうち 5-40%で死に至る可能性がある。入院患者の最近の調査では、死亡率は 20%であった。

広告

Written by medqa

2010/02/20 @ 11:26

カテゴリー: ProMED-mail

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中