MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

Archive for the ‘WHO’ Category

Dengue – arbovirus – Cape Verde – West Africa

leave a comment »

WHO
Dengue fever in Cape Verde – update 1
18 November 2009
 http://www.who.int/csr/don/2009_11_18/en/
カーボベルデ共和国では2009年11月16日時点で、デング熱が疑われる患者数は 16 744人と、保健省より報告されました。下記のソタヴェント諸島 4島とバルラヴェント諸島の1島 Sal 計5島の合計です。
同国では初めての流行のため、感染率は大抵40-50%となる (最悪のシナリオ80-90%)といわれています。
現時点で、すでに人口の 3.3-3.9%が感染した可能性があります。

サハラ以南のアフリカ sub-Saharan Africa では、デング熱が発生しています。西アフリカには多くのアルボウイルス(投稿者注)による感染症があります。

  • dengue デング熱
  • chikungunya チクングニヤ熱
  • Crimean-Congo haemorrhagic fever クリミア・コンゴ出血熱
  • Rift Valley fever リフトバレー熱
  • yellow fever 黄熱
  • West Nile virus ウエストナイル熱

2008年、アビジャン (Cote d’Ivoire コートジボワール共和国の古都)から日本とフランスに帰った旅行者からデング熱ウイルス 3型が初めて検出されました。
2009年10月、セネガルからイタリアに帰った旅行者からもデング熱ウイルス 3型が検出されました。

In the recent years, dengue has been documented in travellers returning from several countries in West Africa, and particularly dengue type-3 virus. Dengue type-3 virus has first isolated in travellers returning to Japan and France from Abidjan Cote d’Ivoire in 2008 and from Senegal to Italy in October 2009.

WHO報告転載先
ProMED-mail 20091123.4016
Published Date 23-NOV-2009
Subject Dengue/DHF update 2009 (48)
同一投稿者による Twitter 配信
 http://twitter.com/dengue_cholera/status/6003446839
 http://twitter.com/dengue_cholera/status/5756253900
 http://twitter.com/dengue_cholera/status/5615066312
 http://twitter.com/dengue_cholera/status/5615034395

投稿者注: 節足動物媒介ウイルス
arbovirus = arthropod-borne virus
 http://en.wikipedia.org/wiki/Arbovirus_infection

Republic of Cape Verde カーボベルデ共和国
 http://en.wikipedia.org/wiki/Cape_Verde
2009年 推計人口 506 000人
2008年 人口調査 426 998人
バルラヴェント諸島 Barlavento Islands 6島 (Salなど)
ソタヴェント諸島 Sotavento Islands 4島 (Brava, Fogo, Maio, Santiago)
西アフリカの海岸から約604Km
日平均最低気温 2月19 – 9月25 °C

Written by medqa

2009/11/24 at 21:40

カテゴリー: ProMED-mail, Twitter, WHO

Tagged with ,

Measles Control – WHO African Region

leave a comment »

WHOアフリカ地域(AFR) 46か国における麻疹患者数:1980年代 100万人、1990年代 30-58万人、2001年 492,116人、2008年 32,278人。
2005-2008年、14か国で流行あり。
2012年までに麻しんによる死者を2000年推定死亡者数に比べて98%減少、年間発症率を人口100万人あたり5人未満など6項目を目標とする。

MMWR Weekly September 25, 2009 / 58(37);1036-1041
 http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5837a3.htm
Progress toward measles control – African region, 2001-2008

Written by medqa

2009/09/26 at 09:32

カテゴリー: WHO

Tagged with ,

Pandemic (H1N1) 2009の急速な拡大

leave a comment »

WHOは(16 JULY 2009 | ジュネーブ)、Pandemic (H1N1) 2009の急速な拡大にともない症例数把握が困難な状況となり、世界各国の確定患者数を示すグローバルテーブルの公表を中止しました(報告要件の変更。初めての患者が発生した国などの状況がわかるように定期的なアップデートは行います)。時を同じくして児童4人が新型インフルエンザに罹患したため、本日、石川県白山市内の小学校一校の3年1クラスが学級閉鎖となりました。

Pandemic (H1N1) 2009 briefing note 3
Changes in reporting requirements for pandemic (H1N1) 2009 virus infection
16 JULY 2009 | GENEVA
 http://www.who.int/csr/disease/swineflu/notes/h1n1_surveillance_20090710/en/index.html

Written by medqa

2009/07/17 at 13:00

カテゴリー: インフルエンザ, WHO

Progress Toward Measles Elimination – Japan and WPR

leave a comment »

Progress Toward Measles Elimination — Japan, 1999–2008
MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2008 September 26:57(38);1049-1052.
 http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5738a5.htm
Progress Toward the 2012 Measles Elimination Goal — Western Pacific Region, 1990–2008
MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2009 June 26:58(24);669-673.
 http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5824a4.htm

In 2003, the World Health Organization (WHO) Regional Committee of the Western Pacific Region (WPR) formally declared a measles elimination goal

Measles likely has been eliminated or nearly eliminated in 24 of the 37 countries and areas in the WPR (referred to in this report as countries).

However, large numbers of measles cases continue to be reported from several countries. During 2008, a total of 131,441 confirmed measles cases (98.4 per million population) were reported from China and 11,015 cases (86.1 per million population) from Japan, two countries that account for 82% of the region’s population and >97% of its confirmed measles cases. Intensified efforts by WPR countries, particularly China and Japan, will be required to achieve the 2012 goal.

China reported 131,441 measles cases (98.4 per million) in 2008. A large outbreak in Japan resulted in over 18,000 (140.7 per million) reported cases in 2007 and 11,015 (86.1 per million) in 2008.

Written by medqa

2009/07/05 at 04:05

カテゴリー: WHO

Tagged with

Global elimination of measles

leave a comment »

麻しんの世界的な排除(根絶)に関するWHOレポートです。
Global elimination of measles
Report by the Secretariat
16 April 2009
 http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/EB125/B125_4-en.pdf
南北アメリカ(WHO 地域の1つ # Region of the Americas)は2002年に麻疹排除を達成した地域で、日本を含む海外からの”輸入”麻疹などに対するサーベーランス、予防対策を行っています。
WHO 地域(WHO REGION)の他の地域では、
# Eastern Mediterranean Region (2010)
# European Region (2010)
# Western Pacific Region (2012)
麻疹排除のゴール年を定めています(括弧内)。

# African Region pre-elimination goal ※1 (2008 死亡率減少の目標の年2012年より4年前に定める)
# South-East Asia Region ※2 ゴール策定なし

※1 The WHO African Region established a pre-elimination goal in 2008 that aims to reduce measles mortality by 98% by 2012 compared to 2000 estimates.
※2 The WHO South-East Asia Region is the only region without an elimination or pre-elimination goal. It is currently focusing its efforts on achieving the global measles mortality reduction goal.

です。
ブログ投稿者注: 医学(疫学)では、eradication 撲滅、根絶 と elimination (日本では麻しんに関して”排除”と呼んでいる)とは区別されます。
[寄稿] 五味晴美先生
ワクチン接種の推進は世界の潮流
 http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2003dir/n2547dir/n2547_03.htm
一部引用

その疾患の根絶(elimination:疾患がその地域で伝播する状態が消滅),撲滅(eradication:動物などの微生物保有体でもその微生物が消滅)までをも達成してきた。現在,WHOとCDCが根絶,撲滅に乗り出している対象疾患は,ポリオ,麻疹である。

Written by medqa

2009/06/26 at 15:17

カテゴリー: WHO