MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

variant Creutzfeldt-Jakob disease – Prion disease update – ProMED-mail

leave a comment »

Archive Number 20101105.4008
Published Date 05-NOV-2010
Subject PRO/AH/EDR> Prion disease update 2010 (10)
[Mod. CP氏解説:
variant Creutzfeldt-Jakob disease 新変異型クロイツフェルト・ヤコブ病 [ProMED-mail では、かつて vCJD or CJD (new var.)と略称使用]の患者数が減少し続けているので、不定期のアップデートでは、他の[異常]プリオン関連疾患を含むように範囲を広げる決定を行っている。また、vCJD に加えて、クロイツフェルト・ヤコブ病の他病型: sporadic 散発性, iatrogenic 医原性, familial 家族性, GSS (Gerstmann-Straussler-Scheinker disease) も( vCJD の発生や病因に多少関連する可能性があるので、) occasional ProMED-mail updates に含めている。
]

ProMED-mail Archive Number 20100405.1091
Published Date 05-APR-2010
Subject PRO/AH/EDR> Prion disease update 1010 (04)
Google Buzz
[Mod. CP氏解説:
variant Creutzfeldt-Jakob disease [変異型クロイツフェルト・ヤコブ病 以前の略称 vCJD or CJD (new var.)]のヒト症例数は引き続き減少しているので、ProMED-mail の不定期アップデートの範囲を他のプリオン関連疾患 other prion-related diseasesを含めるよう拡大することに決定した。vCJDに加えて、CJDの他の病型である 孤発性[散発性] sporadic, 医原性 iatrogenic, 家族性 familial, and GSS (Gerstmann-Straussler-Scheinker disease) も(これら病型は、vCJD の発生頻度、病因にいくらかの関係があるので)含まれている。]

Facebook ページ http://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=110430565646610&id=189856398106
ProMED-mailによる不定期アップデートの中に、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病 [variant Creutzfeldt-Jakob disease, vCJD, CJD (new var.)、他のプリオン関連疾患の記事が含まれています。ヒト vCJD 患者数は継続的に減少しています。これらプリオン病の概要(日本語)配信は、症例増加時に記事を抽出して行います。
2010年4月5日19:33

広告

Written by medqa

2010/11/06 at 15:21

カテゴリー: ProMED-mail

virus – W32/Virut family

leave a comment »

W32/Virut ヴィルト 引用 http://www.f-secure.com/v-descs/virus_w32_virut.shtml

Name : Virus:W32/Virut
Detection Names : Virus.Win32.Virut, Win32.Virtob
Category: Malware
Type: Virus
Type: Backdoor
Platform: W32

ウイルス情報(亜種増加中) http://www.ipa.go.jp/security/txt/2009/03outline.html
第09-05-144号 2009年3月3日 独立行政法人情報処理推進機構
コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況 [2009年2月分]について
            (2010年10月5日 プレスリリースは下段 図参照)
このウイルスにパソコンが感染した場合は、影響がどこまで及んでいるか分からない状態になるため、W32/Virut の感染が確認されたパソコンは、購入した時の状態に戻す作業(初期化)が必要となる。
プログラムファイルに感染し、パソコン内の拡張子が「.exe」、「.scr」のファイルに自分自身を追記する。また、バックドアを開き、外部からの指令を受け取るように設定する。

W32/Virut ヴィルトの亜種
例 McAfee http://www.mcafee.com/japan/security/vlibrary.asp?a=V
ウイルス一覧 発見日

W32/Virut.j!C1CE762F 2008/09/23
W32/Virut.a 2006/05/12
W32/Virut.g 2007/06/27
W32/Virut.gen!BB215D78 2008/09/22
W32/Virut.h 2007/08/28
W32/Virut.n 2009/02/03
W32/Virut.n.gen 2009/02/11
W32/Virut.remnants 2007/09/07

McAfee Labs ウイルス駆除ツール
Stinger Version 10.1.0.1009 http://www.mcafee.com/japan/security/stinger.asp
DAT Version 1000
発行日 2010/08/20
で削除できる、流行している亜種ウイルス

W32/Virut
W32/Virut!htm
W32/Virut!mem
W32/Virut!rtf
W32/Virut.gen
W32/Virut.n
W32/Virut.n!inf
W32/Virut.n!mem
W32/Virut.o

IPA/ISEC W32/Virut

情報処理推進機構セキュリティセンタ 2010年発見届出状況

Written by medqa

2010/11/03 at 17:56

カテゴリー: ご注意下さい

Kashin-Beck disease – Qamdo – Tibet – China

leave a comment »

ProMED-mail Archive Number 20101022.3829
Published Date 22-OCT-2010
Subject PRO> Kashin-Beck disease – China: (Tibet)

Date: Sun 17 Oct 2010
Source: Top News Singapore [edited]
http://topnews.com.sg/content/25479-rare-bone-disease-struck-tibet-170-lakh-risk

Kashin-Beck disease カシン ベック病 KBD
[Mod. TG氏, Mod. LM氏解説: 別名 ‘big bone disease’
関節軟骨、成長が障害される原因不明の[慢性]骨関節疾患 (Wikipedia)。アジアの異なる地域、チベット、朝鮮半島、シベリアで蔓延している[風土病]。1992年、MSF 国境なき医師団も精査した。
原因については、収穫保存された穀物で発生するマイコトキシン (真菌産生毒素 記事では、高地の barley 大麦) Fusarium フザリウム属種、他 Selenium セレン欠乏[または 過剰]説など。
]
中華人民共和国
チベット自治区の Kashin-Beck disease 多発地域の 1つ 東部[カム地方の西部] Qamdo 昌都(チャムド)地区(prefecture) 全 11県(county)における診断患者 14 662人超 (地域衛生局調査)。170 000人超は疾患リスクあり。
過去 5年間で、移住計画に 約 90 million yuan (USD 13. 55 million)を使い、およそ 20 000人の住民が移住した。

Written by medqa

2010/10/23 at 10:49

カテゴリー: endemic, ProMED-mail

Ajka alumina sludge spill – western Hungary

leave a comment »

ProMED-mail Archive Number 20101013.3710
Published Date 13-OCT-2010
Subject PRO/AH/EDR> Toxic spill – Hungary (03): fatal, heavy metals

Date: Mon 11 Oct 2010
Source: Nature News [edited]
http://www.nature.com/news/2010/101011/full/news.2010.531.html

ハンガリーアルミニウム赤泥流出事故(10月4日発生):環境保護団体グリーンピース分析[*] arsenic ヒ素 50トン超流出。他、水銀、クロムの濃度も比較的高い。砒素は易溶性で地下水汚染の可能性あり/ 少なくとも 7人死亡。3村完全消滅 …
Twitter http://twitter.com/TweetMedmail/status/27225747140

[*] by Austria’s Federal Environment Agency in Vienna
[以下は初回投稿]
参照 Wikipedia
Ajka alumina plant accident http://en.wikipedia.org/wiki/Ajka_alumina_plant_accident
日本語サイト 「ハンガリーアルミニウム赤泥流出事故」
「2010年10月4日 中央ヨーロッパ夏時間(CEST)12時25分(協定世界時(UTC)10時25分)頃、ハンガリーの首都ブダペストから西に約 150kmはなれたヴェスプレーム県にある街 アイカの…赤泥廃液を貯水する池の堤防が決壊し、…」

ProMED-mail Archive Number 20101007.3645
Published Date 07-OCT-2010
Subject PRO/EDR> Toxic spill – Hungary (02): fatal, water contamination

Date: 7 Oct 2010
Source: DW World. De [edited]
http://www.dw-world.de/dw/article/0,,6088210,00.html

「負傷者 100人超、死者4人 / Danube River ドナウ川支流の Marcal River マルツァル [マーチャル] 川の全生態系破壊。2010年10月7日朝、[ドナウ川と] Raba 川との合流点のアルカリ度 pH 9.3 [Mod. TG氏解説: radioactive 放射能のある有害物質のデータは?]

Twitter http://twitter.com/TweetMedmail/status/26710232310

Archive Number 20101007.3634
Published Date 07-OCT-2010
Subject PRO/EDR> Toxic spill – Hungary: fatal, water contamination

[1] Date: Wed 6 Oct 2010
Source: Standart News [edited]
http://paper.standartnews.com/en/article.php?d=2010-10-06&article=34365
[2] Date: Tue 5 Oct 2010
Source: Reuters [summ., edited]
http://www.reuters.com/article/idUSTRE69415O20101005
[3] Date: Tue 5 Oct 2010
Source: BBC News [edited]
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-11475361

アイカのアルミニウム工場の廃液貯水池
red mud stored around the Ajkai Timföldgyár plant
“http://ja.wikipedia.org/wiki/ハンガリーアルミニウム赤泥流出事故”
約100万立方メートル流出

The Marcal [River] joins the River Rába at Karakó, in Vas County; the Rába itself joins the Danube at Győr, in Győr-Moson-Sopron County.

The spill reached the Danube river on 7 October 2010.

red mud stored around the Ajkai Timföldgyár plant

The toxic spill reached the Danube river on 7 October 2010

Written by medqa

2010/10/08 at 14:45

カテゴリー: ProMED-mail, Twitter

dead rainbow lorikeets – a huge lump of bread in gizzard – Australia

leave a comment »

ProMED-mail Archive Number 20101003.3591
Published Date 03-OCT-2010
Subject PRO/AH/EDR> Undiagnosed illness, avian – Australia (03): (NT) multiple etiology

Date: 24 Sep 2010
Source: The Manly Daily [edited]
http://manly-daily.whereilive.com.au/news/story/tests-end-poisoning-theory-on-lorikeets/

オーストラリア東南部 ニューサウスウェールズ州 シドニー近郊 Manly Vale で見つかった rainbow lorikeets [オウム科] ゴシキセイガイ(五色青海)インコ [Trichoglossus haematodus] 9羽の死骸は 人間の “kindness 親切行為” で死んだもの。
1羽の砂嚢に大量のパンのかたまりが入っていた。中毒、感染症などではなかった。
[オーストラリア産] インコの死は Seaforth, Manly Vale, Freshwater, Dee Why, Mona Vale, Avalon and Clareville で、続いて報告された。
野鳥に餌を与えることは危険にさらすこと (環境省スポークスマン)。

[Mod. TG氏解説:
不適切な餌の与え方は、鳥の消化器系の不調、機械的な閉塞、さらに細菌の増殖を起こす。多くの場合、これら高炭水化物、高糖分のおやつ (エサ)の一部は発酵し、しかも死因となる。
]

ProMED-mail投稿の本スレッドは Northern Territory [北部準州、北部特別地域]の事例から始まった。
2010年
Undiagnosed illness, avian – Australia (02): (NT) 20100605.1875
Undiagnosed illness, avian – Australia: (NT) toxic exposure susp. 20100604.1848

Written by medqa

2010/10/04 at 14:34

カテゴリー: ProMED-mail

Q fever – Netherlands – ProMED-mail

with one comment

Q熱リケッチア (リケッチア科コクシエラ属の偏性細胞内寄生細菌 コクシエラ菌 Coxiella burnetii ) による感染症 (コクシエラ症 coxiellosis)
オランダ国内記事 – ProMEDメール投稿
[2009年-2010年]
 作成日 2010-10-02
概要[日本語]リンク      [文中参照 不明 (Query) 熱]

Q fever – Netherlands (31): (NB) investigation report 20100930.3546
Q fever – Netherlands (30): peaked, mitigation measures 20100727.2513
Q fever – Netherlands (29): update 20100716.2382
 ヤギ・羊の飼育農場89施設の全家畜を処分後、制限解除

Q fever – Netherlands (28): update 20100601.1826
Q fever – Netherlands (27): risk assessment, Europe 20100525.1742

Q fever – Netherlands (26): update, EFSA 20100512.1544
Q fever – Netherlands (25): update 20100421.1287
Q fever – Netherlands (24): update 20100418.1266
Q fever – Netherlands (23): scientific advice, update 20100324.0945
Q fever – Netherlands (22): update, humans, animals 20100321.0898

Q fever – Netherlands (21): animal vaccination resumed 20100310.0782

Q fever – Netherlands (20): Canadian policy update 20100310.0765

Q fever – Netherlands (19): Canadian policy clarified 20100306.0742

Q fever – Netherlands (18): update & review 20100303.0703
Q fever – Netherlands (17): international response 20100227.0656
  オランダ南部ブレダ Breda市で開催されたQ熱国際会議 「Breda 国際会議」

Q fever – Netherlands (16): human, animal 20100226.0643
Q fever – Netherlands (15): 2 new outbreaks, update 20100220.0583
Q fever – Netherlands (14): PCR test reliability 20100217.0559
Q fever – Netherlands (13): human, animal 20100217.0554
Q fever – Netherlands (12): 3 new outbreaks 20100213.0513
Q fever – Netherlands (11): culling dispute 20100206.0407

Q fever – Netherlands (10): international response 20100204.0380

Q fever – Netherlands (09): zoo-sanitary measures 20100128.0307
Q fever – Netherlands (08): sheep, update 20100125.0278 or 20100125.0278
Q fever – Netherlands (07): update 20100115.0182
Q fever – Netherlands (06): OIE 20100115.0181
Q fever – Netherlands (05): investigation committee 20100112.0144
Q fever – Netherlands (04): culling 20100111.0119
Q fever – Netherlands (03): update 20100107.0079
Q fever – Netherlands (02): update 20100105.0047 or ブログ掲載
Q fever – Netherlands: monitoring 20100103.0028 その[1] and その[2]

Q fever – Netherlands (20): goats, OIE 20091230.4388
Q fever – Netherlands (19): update 20091229.4375 その[2] and その[3] and その[1]

オーストラリア South Australia州(の州都) Adelaide のフロム・ロードにある病理検査室の職員2人がQ熱の生菌検体の取り扱いを誤り、Q熱に感染した。RT @dengue_cholera (Q fever関連情報投稿Twitter) ProMED-mail 20091225.4345
Twitter http://twitter.com/TweetMedmail/status/7055811821
11:34 PM Dec 25th, 2009

Q fever – Netherlands (18): update 20091225.4334
Q fever – Netherlands (17): pathogenicity, RFI 20091222.4312

Q fever – Netherlands (16): pathogenicity, RFI 20091222.4304

Q fever – Netherlands (15): update 20091219.4286

Q熱リケッチア Coxiella burnetiiによる感染症の集団発生は、1935年オーストラリアで発生。当時、原因確定できなかったので (query 「不明」の意味の) Q fever Q熱 と呼ばれた。1988年までに日本で 1例のみ報告。アーカイブ ProMED-mail post 19990810.1387
Twitter http://twitter.com/TweetMedmail/status/6846256413
5:41 PM Dec 19th, 2009

Q fever – Netherlands (14): update 20091217.4271
Q fever – Netherlands (13): control measures 20091209.4198

Q fever – Netherlands (12): update 20091207.4173
 オランダ国立保健環境研究所RIVMのQ熱に関する専門家会議は農業省に対して感染した妊娠中のヤギすべて処分するよう勧告。

Q fever – Netherlands (11): public health 20091113.3930
Q fever – Netherlands (10): update 20091107.3861
Q fever – Netherlands (09): predictions 20091004.3452
Q fever – Netherlands (08): update, monitoring & animal vaccination 20090927.3380
Q fever – Netherlands (07) 20090908.3169

Aug 14th, 2009 「ProMed-mail 感染症速報」 Twitter アカウント TweetMedmail 配信開始

Q fever – Netherlands (06) 20090814.2889
Q fever – Netherlands (05) 20090629.2355
Q fever – Netherlands (04): fatalities 20090626.2330
Q Fever – Netherlands (03): update, animal vaccination 20090510.1744
Q Fever – Netherlands (02): (NB) 20090508.1721
Q fever, caprine – Netherlands: (LI) 20090331.1230
Q fever – Netherlands: sheep & goat vaccination 20090228.0841

ブログ投稿者注:
Facebook Page (ファンページ)
Outline of ProMED-mail posts [in Japanese]
2009年12月7日-2010年10月01日
Google Docs転載
ファイル名 facebook_out20101001

Written by medqa

2010/10/02 at 11:41

カテゴリー: Facebook, Google Buzz, ProMED-mail, Twitter

rabies – a major public health issue in China – fake vaccines

leave a comment »

ProMED-mail Archive Number 20100927.3498
Published Date 27-SEP-2010
Subject PRO/AH/EDR> Rabies – China: (GI) counterfeit human vaccine
Date: Sun 26 Sep 2010
Source: CRIEnglish.com, Xinhua News Agency report [edited]
http://english.cri.cn/6909/2010/09/26/1821s596358.htm

中国南部 Guangxi Zhuang Autonomous Region 広西チワン族自治区で小児 1人の死亡原因となった偽狂犬病ワクチンを製造販売した 8人逮捕 (地方薬事当局発表 [26 Sep 2010])。本年 1月からの 2か月間で 1263回分の偽薬発見。このうち、約 1214回分はすでに使用された。4歳児は同自治区 Laibin City 来賓(らいひん)市 Xinbin District 興賓(こうひん)区の本人が住む村で犬 1匹に咬まれて3週後死亡。
Twitter http://twitter.com/TweetMedmail/status/25830857699

[Mod. CP氏解説:感染死でなく副作用と思われる。
Since the incubation period for rabies virus infection in humans may vary from a few days to several years, but typically is 1 to 3 months, it is likely that death of the 4-year-old child 3 weeks after being bitten by a dog can be attributed to the fake vaccine rather than disease. No other adverse outcomes have been reported so far.
]

Rabies has emerged as a major public health issue in China. Last year [2009] China was 2nd only to India in the number of human deaths caused by rabies. Around 2000 people per year in China die from rabies.

Written by medqa

2010/09/29 at 08:55

カテゴリー: ProMED-mail, rabies