MedQA_jp

Healthcare Provider’s Blog

Archive for 1月 2010

ProMED-mail Map

leave a comment »

HealthMap
 http://healthmap.org/en
の情報源(※)をProMED-mailに限定し、国・地域別、疾患別ウェブマップ表示
 http://www.healthmap.org/promed/en
(※)
News/Media
 Google News
 Moreover Technologies
 Wildlife Disease Node
Scientific Reports
 ProMED Mail
 GeoSentinel
 EuroSurveillance
Community Contributions
 News Reports
 Eyewitness Reports
Official Sources
 World Health Organization
 World Org. for Animal Health

ProMED-mail Map (例) アフリカ地域

ProMED-mail Map

ProMEDメール マップ (例) アフリカ地域

広告

Written by medqa

2010/01/12 at 21:43

カテゴリー: Google Maps API, ProMED-mail

Tagged with

Facebook – Twitter – WordPress

with one comment

Facebook ファンとして表示されるページ
 http://ja-jp.facebook.com/eMedEvac
 On December 2nd, 2008, I signed up on the facebook.

Facebook Page
[投稿者管理]
Outline of ProMED-mail posts [in Japanese] ProMEDメール投稿記事概要(日本語)
 http://www.facebook.com/group.php?gid=189856398106
 基本データ 参照[Twitter複数アカウント]

Yamamura Eye Clinic やまむら眼科医院
 http://www.facebook.com/group.php?gid=195831145046
 Facebook to Twitter ユーザー名 “medqa”

MedEvac 診断確定前症例 ProMED-mail
 http://www.facebook.com/group.php?gid=213967974501
 Facebook to Twitter ユーザー名 “eMedEvac”

Blogroll 投稿者ブログ Links ページ [2010年2月9日追加]
 http://www.facebook.com/group.php?gid=304234075840

[投稿者共同管理]
HNMA (Hakusan Nonoichi Medical Association) 白山ののいち医師会
 http://www.facebook.com/group.php?gid=192396018230
 Facebook to Twitter ユーザー名 “hnma_umin”

community based healthcare 地域のインフルエンザ・感染症発生状況
 http://www.facebook.com/group.php?gid=373192785060
 Facebook to Twitter ユーザー名 “ICT_Committee”

Ishikawa Central Regional Occupational Health Center 石川中央地域産業保健センター
 http://www.facebook.com/group.php?gid=220370375621
 Facebook to Twitter ユーザー名 “rohc”

など

Written by medqa

2010/01/10 at 11:53

カテゴリー: Facebook, Twitter

Tagged with

Coxiella burnetii – Shedding routes

with one comment

ProMED-mail Archive Number 20100107.0079
Published Date 07-JAN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Q fever – Netherlands (03): update

両大臣 Verburg (LNV/Agriculture)氏 および Klink (VWS/Public Health)氏はQ熱対策のための活動を議会に文書提出した[6 Jan 2010]が、その内容を含むプレスリリース。
現時点で、感染した61酪農場のうち21施設 8724頭の処分を終えた。

専門家によると、羊やヤギに直接触れることはリスクではない。子ども向け農場、50頭未満の酪農場、養護施設などの公的機能を伴う農場で、Q熱原因菌が見つかることはめったにない。衛生管理プロトコルを作成しウェブサイトで公開する。

羊肉用酪農場はQ熱流行の危険性はない。但し、成長雌羊が多い農場では、小規模酪農場用衛生管理プロトコルに準じてほしい。

動物の移動がある2農場を経営している農場主が感染未確認の施設内動物の処分を拒否している問題の司法判決。

Coxiella burnetii Shedding Routes and Antibody Response after Outbreaks of Q Fever-Induced Abortion in Dairy Goat Herds
Applied & Environmental Microbiology Vol. 75, No. 2, 2009, pp
428-433
 http://aem.asm.org/cgi/reprint/75/2/428.pdf
正常分娩(n 70) または流産(n 50)に至ったヤギの分娩後2回のQ熱原因菌 Coxiella burnetiiの排菌状況(膣粘液、糞便、乳汁)をPCR検査で比較研究した。両群間で有意差なし。排菌ルートとして、膣粘液と糞便とは一致するが(81%)、乳汁と膣粘液(または糞便)とは49%のみ相関する。血清検査陰性のヤギの少なくとも 24%が排菌し、乳汁以外の排菌が多い。

Written by medqa

2010/01/08 at 21:52

カテゴリー: ProMED-mail, Twitter

Tagged with

AdSense – WordPress ASP型

leave a comment »

ご覧になっている当ホームページ(を含む同一投稿者による別タイトルの複数ブログ)ではブログツール WordPress を [現在、サーバーへのインストールではなく] ASP型で使用しています。ドメインマッピングなどを利用するため、アップグレード(有料)していますが、広告非表示ではありません。よって「目立たない AdSense の広告をに掲載することが時々あります。これは、無料の機能を提供するのに必要なためです。この広告コードは、デザインの邪魔にならないように、また、ログインしているユーザーに広告を表示しないように工夫されています。つまり、広告を目にするのは読者のほんの一部の人たちだけです。」と、当ホームページの一部エントリーの下方に数行の広告およびリンクURLが入りますので、ご了承下さい。
因みに、現在「広告非表示」年間 USD 29.97 / $0.08 per dayの料金設定です。

Written by medqa

2010/01/08 at 15:54

カテゴリー: お知らせ

Tagged with

XMRV – Chronic Fatigue Syndrome – no evidence in UK

with 2 comments

[追加 2010-12-21 12:24]
ProMED-mail Archive Number 20101220.4488
Published Date 20-DEC-2010
Subject PRO/AH/EDR> Xenotropic murine leukemia virus-related virus (02)

Date: Mon 20 Dec 2010
Source: Reuters Health [edited]
URL http://uk.reuters.com/article/idUKTRE6BJ36I20101220

実験室内の汚染によるもので、xenotropic murine leukemia virus-related virus XMRV は chronic fatigue syndrome (CFS) 慢性疲労症候群 の原因ではない (研究者 [20 Dec 2010]発表)。

“Our conclusion is quite simple: XMRV is not the cause of chronic fatigue syndrome,” said Greg Towers, of UCL [, University College London], who worked on the latest study. “All our evidence shows that the sequences from the virus genome in cell culture have contaminated human chronic fatigue syndrome and prostate cancer samples.”

[以下は初回投稿]
ProMED-mail Archive Number 20100107.0078
Published Date 07-JAN-2010
Subject PRO> Chronic fatigue syndrome: gamma retrovirus link disputed

英国の 慢性疲労症候群 chronic fatigue syndrome (CFS)の患者は、ロンドン King’s College Hospital にて受診し、他の器質疾患を除外する医学的スクリーニングなどを受けた後、全患者 186人がCDC基準を満たし該当した。

xenotropic murine leukaemia virus-related virus (XMRV) または 近縁の murine leukaemia virus (MLV)の遺伝子は血液サンプル全186検体から検出されなかった。

XMRV 感染率については、北アメリカと欧州の集団間の差である可能性があり、欧州では前立腺がん組織の調査研究2件でもXMRVは検出されていない(米国2グループでは同組織内にXMRV発見) ことも説明可能である。

Erlwein O, Kaye S, McClure MO, Weber J, Wills G, et al. (2010) Failure to Detect the Novel Retrovirus XMRV in Chronic Fatigue Syndrome. PLoS ONE 5(1): e8519. doi:10.1371/journal.pone.0008519
 http://www.plosone.org/article/info:doi/10.1371/journal.pone.0008519

前回エントリー投稿
 https://telementoring.biz/2009/10/10/infectious-retrovirus-xmrv-cfs-prostate-cancer/
 http://www.medqa.jp/2009/10/xmrv—cfs-pros.html

ProMED-mail Archive Number
2010年
Xenotropic murine leukemia virus-related virus (02) 20101220.4488 [当ブログエントリー]
Xenotropic murine leukemia virus-related virus: blood supply probe 20100406.1100
Chronic fatigue syndrome: gamma retrovirus link disputed 20100107.0078 [当ブログエントリー]

2009年
Chronic fatigue syndrome: gammaretrovirus link 20091009.3499

Written by medqa

2010/01/08 at 11:45

カテゴリー: EBM, ProMED-mail, XMRV

Tagged with , ,

fatal Australian bat lyssavirus – little red flying fox

leave a comment »

[追加情報 2010-1-09]
現在までに狂犬病に関係するウイルスは11種類知られているが、このうち7種のみ詳しく分類されている。異なったウイルス間で遺伝子の関連性、抗原の交差反応もあるが100%同等ではない。コウモリと陸生の哺乳類の狂犬病ウイルスの間では、関連性 0% (Lagos bat virus)から高率のものがある。Australian Bat lyssavirus と古典的な狂犬病ウイルスでは、遺伝子的な関連性(抗原の交差反応性)は78%以上であるが100%ではない。実際、以前に狂犬病ワクチンを接種した(曝露前接種)人がコウモリを処理し狂犬病で死んだ事例がある。コウモリに襲われたとき狂犬病ワクチンの曝露後接種を受けることがベストであり、唯一の治療法であるが、完全に有効であると断言できない。ProMED-mail 20100107.0074

[追加情報 2010-1-09]
ProMED-mail Archive Number 20100107.0074

– Less than one percent of all bats, including flying foxes, in Queensland are thought to be infected

 クイーンズランド州では、オオコウモリ flying fox を含む全てのコウモリの1%未満が感染していると考えられる。

– Up to 5-10 percent of sick, injured or orphaned bats are thought to be infected

病気や傷ついたり、”孤児 orphan”のコウモリの5-10%は感染していると考えられる。

– Less than 20 percent of bats infected with Australian Bat Lyssavirus present with clinical signs that include aggression/approaching people.

オーストラリアコウモリ[媒介]リッサ・ウイルス Australian Bat Lyssavirus に感染したコウモリの20%未満が人を攻撃する/接近するなどの臨床所見を呈する。

Robyn Poole 氏
Industry Communication Officer – Corporate Communications,
Biosecurity Queensland (a service of Department of Employment,
Economic Development and Innovation)

[以下、初回投稿記事]
オーストラリア Queensland州ブリズベンの北500Kmにある Town of 1770の近くの公園でリッサ・ウイルスを保有[1月6日確認]していたオーストラリアオオコウモリ little red flying fox 1匹に休暇を楽しんでいた同州の3人が襲われた[2009年1月5日]。Australian bat lyssavirus は、狂犬病ウイルスと近縁のウイルスで狂犬病ワクチン有効のため処置。
過去に2例の死亡例がある。ロックハンプトンの39歳女性が13年前に死亡(1996年)、第2例目の女性は同州北部で咬まれて1998年死亡。
同州保健局によると 2009年のオオコウモリによる受傷者は77例で、大多数は予防治療を受け有効であった。捕獲したコウモリ28匹中5匹からlyssavirusが検出された。
一方、同州のオオコウモリに咬まれ、これまで7人がHendra virusに感染し、4人は死亡している。このウイルスに対して狂犬病ワクチンは無効である。

ProMED-mail Archive Number 20100106.0061
Published Date 06-JAN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Australian bat lyssavirus – Australia: (QL) flying fox, human exposure

Written by medqa

2010/01/07 at 21:43

カテゴリー: ProMED-mail, Twitter

Tagged with , ,

Alkhurma hemorrhagic fever virus – AHFV

with one comment

Alkhurma 出血熱が再流行している。サウジアラビア[西部 Makkah province マッカ州 =メッカ(Mecca)] ジェッダ市 Jeddahで10年ぶり。同市北部に住む4人からAHFVが検出された[投稿者注 訂正投稿※があります。 5 Jan 2010]。4人の家屋周辺に殺虫剤を散布した。
過去の発生
1994年/4例/Jeddah 南部 Alkhumra district [最初の報告 1995年6例との論文もある *]および 2000年/20例/Jeddah 南部。

* J Infect. 2005 Aug;51(2):91-7. Epub 2005 Jan 11.
Alkhumra virus infection, a new viral hemorrhagic fever in Saudi Arabia.
Madani TA.
 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16038757

ProMED-mail Archive Number 20100106.0056
Published Date 06-JAN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Alkhurma virus – Saudi Arabia: (MK)

Alkhurma 出血熱ウイルス(AHFV)は [インド南部 Karnatakaで最初に発見された] Kysanur Forest disease キャサヌール森林病ウイルスに類縁の flavivirus。
2001年2月8日から2003年2月9日までの期間に急性ウイルス性出血熱 計37人発症(Makkah, Saudi Arabia)。診断確定 20例。致死率 25%。2007年報告では軟ダニ媒介とされたが、今回の報告から蚊による媒介も示唆される。

※ 訂正記事
ProMED-mail Archive Number 20100123.0254
Published Date 23-JAN-2010
Subject PRO/AH/EDR> Alkhurma virus – Saudi Arabia (02): (MK) correction

Alkhurma hemorrhagic fever (AHF) 4報告例は、2010年1月に診断確定したのではなく、全症例が2009年のメッカ巡礼 Hajjに関係し、巡礼後(同年11月下旬/12月上旬)に診断された。11月22日に羊の食肉処理に4人とも立ち会った。Jeddah市内の異なる私立病院で診断された、など。

Written by medqa

2010/01/07 at 15:08

カテゴリー: ProMED-mail, Twitter

Tagged with ,